釣行記録2017年8月20日:釣果にコミットしまくった結果

前回釣行で釣果にコミットした結果、ゴカイでキス釣りというショアアングラーにあるまじき安パイ狙いに走るという暴挙に出てしまった。

その反省を活かし、アングラーらしくルアー(といってもワームだが)にこだわって釣果にコミットしまくってきた。 “釣行記録2017年8月20日:釣果にコミットしまくった結果” の続きを読む

釣行記録2017年8月16日:釣果にコミットした結果

釣果にコミットできない釣り人は金と時間を浪費するろくでなしとして、ご家庭での肩身がすこぶる狭い。そこでアングラーの端くれとして釣果にコミットすべく頑張ってみた。 “釣行記録2017年8月16日:釣果にコミットした結果” の続きを読む

釣行記7月30日:初魚種マハタモドキをゲット!

この日は気分を変えて小さな突堤〜不人気の堤防へと魚探しにて出かけた。

珍しく夜が明ける前から小さな突堤に到着すると、二人の釣り師が竿を出している。僕は少し離れた場所からまずはグラスミノーMのシロギスで様子を伺う。 “釣行記7月30日:初魚種マハタモドキをゲット!” の続きを読む

釣行記7月25日:ベイトはどこへ?

ベイトが見当たらない。いるにはいるんだけど、塊となってグワ〜っと移動するような群れじゃなく、フィッシュイーターに見つからないようにこそ〜っとテトラ際を移動するような小さな集団ばかり。 “釣行記7月25日:ベイトはどこへ?” の続きを読む

釣行記録5月27日:大潮パワーでどうにかアラカブ1匹

もうそろそろ根魚釣れるだろと、のそのそ海へと繰り出した。目指すはもちろん人気の少ない不人気の堤防。

今日は大潮最終日、釣り場につくと満潮まであとわずかというところ。この時期この場所はホンダワラがビッシリ茂っていて非常に釣りづらい。干潮時などはホンダワラに毎投絡まり釣りにならないほどだ。 “釣行記録5月27日:大潮パワーでどうにかアラカブ1匹” の続きを読む

釣行記録11月30日:ハタ終わってなかった。そしてメジャクラのジグヘッドにハマりそう。

前日アラカブ1匹しか釣れず鹿児島のハタもそろそろ終わりかと思ってたけど、そうでもなかったようだ。

この日は最近調子の悪い激流テトラを避けて不人気の堤防へと車を走らせる。釣り場につくとさすが不人気の堤防、誰もいない。 “釣行記録11月30日:ハタ終わってなかった。そしてメジャクラのジグヘッドにハマりそう。” の続きを読む

釣行記録2016年11月6日:オオモンハタでどうにか完ホゲ回避

時間があれば釣りに行く日が続き、さすがにしんどいがこの日も出撃する。だって日曜でしかも釣り日和だもの。

キジハタが最後に釣れたのは先月の17日か。あのときは30cmオーバーのオオモンハタ2匹と35cmのキジハタ1匹と今季最高の釣果だった。 “釣行記録2016年11月6日:オオモンハタでどうにか完ホゲ回避” の続きを読む

釣行記録2016年11月5日:ギリキープサイズのオオモンハタ(4日ぶり2度目)

なんだがどこに行ってもデカイのが釣れる気がしないので、自宅から最もアクセスの良い釣り場へと、もはやノープラン釣行。

で着いたのは激流テトラ。潮が早過ぎたら撤退だがなんとか釣りが出来そうなレベル。 “釣行記録2016年11月5日:ギリキープサイズのオオモンハタ(4日ぶり2度目)” の続きを読む

釣行記録2016年11月2日:ギリキープサイズのオオモンハタ

ふう。なんとかキープサイズのオオモンハタを捕獲することができた。

前日の釣果がしょぼすぎ、消化不良で腹を壊しそうなので連日の出撃。向かった先はまず不人気の堤防からの突堤。この突堤は小さくアングラーが数人いれば狭く感じる場所だけど、この日は平日。先行者はおらず快適快適。 “釣行記録2016年11月2日:ギリキープサイズのオオモンハタ” の続きを読む

釣行記録2016年10月31日:激渋でちっこいオオモンとアラカブのみ

釣具メーカーの言うように”不意の大物”に備え続けて長いこと経つが、その”不意に”が一向にやってこないんだけど。

というわけでこの日の釣行も釣れたのは小さな小さなオオモンハタとアラカブの1匹のみ。情けない結果だがこれも釣りか。はぁ。

“釣行記録2016年10月31日:激渋でちっこいオオモンとアラカブのみ” の続きを読む