キジハタとオオモンハタなどハタ類4種の水中での定位置や動作の違い

先日とある物産館へ立ち寄った際に目にした光景。水産物メインの物産館で館内には2m×1.5mほどのイケスが3つ並んでおり、その中の一つに沢山の根魚が泳いでいた。

キジハタオオモンハタといったハタ類のスター選手のほか、同じイケスにアカハタ・アオハタまで何と4種類のハタ類が同居しているという、まさに渋谷のスクランブル交差点のような状況。

ロックフィッシュ大好きな僕としては当然足を止めて、アイドルグループを見るかのような目でイケスを観察してみる。 “キジハタとオオモンハタなどハタ類4種の水中での定位置や動作の違い” の続きを読む