釣行記録2016年9月16日:久しぶりのポイントはオオモンハタの巣になったようだ。

この日は最近お気に入りのベイト天国へと真鯛やらビッグオオモンやらを狙いに繰り出すが、台風の影響で風・ウネリともに強くチビオオモン1匹とエソ2匹でやむなく撤退。どこか釣りが出来る場所はないかと周りを見渡すと、ベイト天国の1kmほど先に以前よく通った護岸が目に入る。

記憶では潮もよく流れ小魚も多かった覚えがあるけど、水深が浅く最近はすっかり行かなくなった場所。たしか僕がメタルジグで初めてオオモンハタを釣ったポイントだ。

あそこでだめなら今日は帰ろうと車を走らせる。現場につくと波風は少々あるがなんとか釣りはできそうだ。 “釣行記録2016年9月16日:久しぶりのポイントはオオモンハタの巣になったようだ。” の続きを読む

釣行記録2016年9月11日:スタイル抜群の砂浜の女王を大量捕獲

この日は気分を変えて鹿児島市内南部の小さな港を目指して車を走らせた。

少堤防と中堤防に囲まれた小さな港で、水深も浅いが港の外はゴロタ混じりの砂浜を含む海岸線が南北に続いておりロックフィッシュ、あるいはフラットフィッシュが期待できるんじゃなかろうかという目論見。

水深の浅い釣り場は苦手だけど、まだソゲサイズしか釣ったことのないヒラメが釣れなやしないかと内心ワクワク。結果的にはヒラメどころか、なぜか砂浜の女王を捕獲するのに一生懸命になっていたというね。 “釣行記録2016年9月11日:スタイル抜群の砂浜の女王を大量捕獲” の続きを読む

エコギア(ECOGEAR)グラスミノーM「シロギス(夜光)」

無人島に竿とリール、それにワームを一つだけ持って行くならどれ?と聞かれたら迷わずグラスミノーのシロギスと答える。それほどこのワーム(カラー)には信頼を置いている。

正直、僕自身それほど色んなワームを試したわけじゃないから、もしかしたらもっと良いものがあるかもしれない。それでも少ない経験から導き出したワーム選択時の候補にこのシロギスカラーのグラスミノーは外せない。

ここ最近ではこのカラーのみで一日を通すことも少なくない。今回はこの一押しのアイテムについて力説してみようと思う。 “エコギア(ECOGEAR)グラスミノーM「シロギス(夜光)」” の続きを読む

釣行記録2016年9月9日:ミニオオモンのみ

もっとでかい真鯛が釣れないかと、前回真鯛を捕獲したベイト天国へ性懲りもなくやってきた。

もう面倒くさいので結果を書くと手のひらサイズのオオモンハタが1匹釣れたのみ。ミニオオモンとのファイトをいつものごとく盛って盛って文章を膨らませるのは流石に良心が痛むため手短にまとめる。

本日午後、ベイト天国でカルティバの静ヘッド14gにグラスミノーMのシロギスを付けてホイホイっと投げたら、小さな小さなオオモンハタが遊んでくれたとのことです。

現場からは以上です。
“釣行記録2016年9月9日:ミニオオモンのみ” の続きを読む

オオモンハタ

近年ブームとなっているロックフィッシュゲームにおいて、キジハタとならんで大人気のターゲットがオオモンハタだ。

西日本、特にここ鹿児島ではオオモンハタの魚影が濃く50cm、60cmというビッグサイズの釣果を聞くことも多い。

強烈な突っ込みで根に潜ろうとするスリリングなファイトと、時には水面近くまでルアーを追ってきて目の前でヒットしたりするゲーム性の高さが魅力のオオモンハタ。

食べては刺身から煮付け、抜群に旨い出汁の出るアラを使った鍋物など、まさに釣って良し食べて良しという魚の代表格「オオモンハタ」の魅力に迫ってみよう。 “オオモンハタ” の続きを読む

釣行記録2016年9月7日:おかっぱりから真鯛ゲットだぜ!

前回の釣行に続きベイト天国へとやってきた。

この日の目的は前回探ることの出来なかった堤防先端の調査。前回書いた通りこの堤防、先端から沖に向かって掛け下がりながらそこそこ深さがあり、潮通しも良いためなにかしら大物の期待が持てる。なおかつ先端周辺に大量に積まれたテトラ周りではデカハタの気配も感じられ、要リベンジと決めていた。

雰囲気もよくなおかつ水面を埋め尽くすようなベイトの量に期待ばかりが膨らむが、果たして結果は如何に? “釣行記録2016年9月7日:おかっぱりから真鯛ゲットだぜ!” の続きを読む

釣行記録2016年9月6日:ベイト天国でエソとオオモンハタ

この日ははじめいつものテトラに向かうが潮が早すぎて釣りにならず撤退。その後どうしたものかと思案し普段いかない堤防へと足を伸ばす。

この堤防そこそこ人気のあるスポットで行くと大概先行者が釣りをしている。この日も先端付近で餌釣り師が一人、中間辺りでエギンガーが一人竿を出している。 “釣行記録2016年9月6日:ベイト天国でエソとオオモンハタ” の続きを読む

キジハタ(アコウ)

根魚界のスーパースター「キジハタ」。

味の良さと根魚特有のゲーム性で近年特に注目を浴び、大人気のターゲットとして釣り場に君臨している。

キジハタが釣りたくて釣り場に通い詰めるのは僕だけじゃないはず。このページではそんな憧れの魚「キジハタ」にもっと近づくためのデータや情報を収集していく。 “キジハタ(アコウ)” の続きを読む

【釣り場データ】不人気の堤防

鹿児島市内にありアクセスの良さから割と行くことの多い「不人気の堤防」。個人的には釣果もそこそこ出ているので近場で釣りをする際には必ず候補に入る釣り場。ただし数が出そうな雰囲気はあまりない。

潮通しは抜群によくベイトもそれなりにいて、水深は2m〜20mほどと変化に富んだ釣り場で一部テトラが崩れてたりするため、魚の気配は感じる穴場ポイントだ。 “【釣り場データ】不人気の堤防” の続きを読む

釣行記録2016年9月1日:出たー!おかっぱりから自己最高記録のキジハタ!

時は来た。ただそれだけだ。

魚のいる場所に魚が動く時間に、魚の興味のあるワームを送り込んで何かしらのアクションを加える。本来簡単な話のはず。結果として釣果が付いてくる。ただそれだけだ。 “釣行記録2016年9月1日:出たー!おかっぱりから自己最高記録のキジハタ!” の続きを読む