エコギア(ECOGEAR)グラスミノーM「シロギス(夜光)」

グラスミノーM・シロギス

無人島に竿とリール、それにワームを一つだけ持って行くならどれ?と聞かれたら迷わずグラスミノーのシロギスと答える。それほどこのワーム(カラー)には信頼を置いている。

正直、僕自身それほど色んなワームを試したわけじゃないから、もしかしたらもっと良いものがあるかもしれない。それでも少ない経験から導き出したワーム選択時の候補にこのシロギスカラーのグラスミノーは外せない。

ここ最近ではこのカラーのみで一日を通すことも少なくない。今回はこの一押しのアイテムについて力説してみようと思う。

定番中の定番ワーム「グラスミノー」

エコギアのグラスミノーといえば数あるワームの中でも抜群の知名度と評価を得ていることは経験の浅い僕でも知っている。ネットでの情報によると20年ほど前には既にこの商品が存在しているらしい。そんなに長きにわたって売れ続ける理由はひとえに、「釣れるから」それ以外にはないだろう。

ルアー釣りの経験が浅い僕がワームについてあれこれ語るのはおこがましいが、釣れると評判のグラスミノーの中でもこのシロギスカラーほどどんな状況でも、魚種を問わず釣れてくれるワームはないと思っている。

もちろん他のカラーでも爆釣することもあるだろうし、使ったことのないカラーのほうが釣れるのかもしれない。ただ僕の中でシロギスカラーだけは安定感という意味で群を抜いている。

シロギスがあればカラーローテーション必要なし!

冒頭でも書いたが最近では一日をシロギス1本で通すことも少なくない。理由はこれが一番釣れると思っているから。

カラーローテーションが不要と思ってるわけじゃなく、あれこれ試すのが面倒なのと、できるだけワームケースに不良在庫を増やしたくないのが大きな理由。店頭でパッケージを見た瞬間は「こりゃ釣れるっしょ」と思って買ったワームが魚からの反応が皆無ってパターン、あちゃ〜って感じ。

そこでこのシロギスの出番ですよ。

なんたって同じカラーでこんなチビオオモンハタから

ワームサイズのオオモンハタ
ワームサイズのオオモンハタ

フラット

真夏の真っ昼間に釣れたマゴチ
真夏の真っ昼間に釣れたマゴチ

もちろん大人気のこちら
自己最高記録のキジハタ
良型のキジハタ様まで釣れちゃう。おっと忘れてた。

おかっぱりから真鯛ゲット
おかっぱりから真鯛ゲット

なんと真鯛まで釣れるという。

夢の万能カラーと言っても過言ではない。

あ、カサゴなんてこのシロギスカラーにかかればこんな状態でもそれこそ釣っては捨て(リリース)釣っては捨て(リリース)のヘビーローテーションですよ。あ、わざわざ画像貼らないけどイトフエフキの幼魚やらワニエソやらもこれで釣れる。ワニエソなんて中層で丸呑みしてくる。

本日のヒットワーム「フグの食いかけ」
本日のヒットワーム「フグの食いかけ」

なぜ釣れるのか?

見た感じはパッとしないし、何色と表現すれば良いのかわからない色。一見すると釣れそうな色には思えないし、店頭で手にとってみようと言う気にも正直ならない。買うならもっとラメラメのギラギラした色を選んでしまいそう。

グラスミノー「シロギス」を上から
グラスミノー「シロギス」を上から

ボディカラーと夜光のラメが決め手?

下半分には申し訳程度のラメというかキラキラした粒が入っている。このワーム夜光カラーなんだけど、このキラキラの粒が蓄光素材になっているようだ。

このラメが暗闇ではこんなふうに発光する。

グラスミノー「シロギス」の夜光ラメ
グラスミノー「シロギス」の夜光ラメ

この微妙な量の蓄光素材が水中では艶めかしくぼんやりと発光して、魚にとってはいかにも生き物の放つ体温のように感じられるんじゃないだろうか。

夜光カラーだけど昼夜関係なし

夜光だから使うのは夜?このシロギスカラーに限っては昼夜関係なしと断言できる。思いっきり夜光というよりじんわり光るってカラーだから、夜はまあもちろんとして、昼でも関係なく釣れる。

もちろん水深のある場所や濁りが入っている場合でも大いに有効なのは間違いない。この微妙な夜光カラーのおかげで他のカラーより目立たないようで目立っている、しかもあくまでも自然に目立つという絶妙のバランスを保っているのではないだろうか。

ケースの在庫が少なくなると不安に

ここまで力説してきたように現在僕の釣りにおいては欠かせないワームカラーとなっているシロギス。というより手持ちの在庫が少なくなってきたら、わざわざ釣具屋に買いに行ってから釣り場へと向かうほど。それほど信頼を置いていると同時に釣果も上がっている。

評価項目 評価(5段階)
釣果 ★★★★★
魚種 ★★★★★
釣れるサイズ ★★★★
オススメ度 ★★★★★
総合評価 ★★★★★

総合評価は満点の星5つ。釣れるサイズが星4つなので計算が合わないが、キジハタ最高記録も出たしこれからまだまだ伸びしろがあるだろうということで文句なしの満点評価とした。個人的には星6つくらいあげたいところだけど。

魚種については星4つでも良かったかもしれないが、今のところは十分満足している。おかっぱりから狙うのであれば今後はヒラメをこのカラーで釣ってみたいところ。なんたってパッケージにヒラメの絵が書いてるわけだし。

そんなわけで当分はこのシロギス(夜光)を中心に釣りをしていくことになりそうだ。