釣行記録2016年8月20日:阿久根プチ遠征でキジハタ再び

阿久根でキジハタ再び

前回の阿久根釣行から20日ほど経ったこの日。近場での釣果が悲しすぎるので2匹目のキジハタを狙いに再び阿久根へと車を走らせる。

阿久根パワーを信じて眠い目をこすりながら真夜中に自宅を出発。

途中トイレに寄ったコンビニで、トイレのドアを開けたらパンツを降ろし便器に座る爺さんと遭遇するなど、釣りを始める前に軽くダメージを受けながらなんとか阿久根に到着。

前回同様小さな漁港で

阿久根のメジャースポットと言えば阿久根新港と、なんと言っても長島だろう。メバルの釣れる南限として有名な長島だけど他にも様々な魚種が狙える一流ポイントだ。

青物・ハタ類はもちろんヒラメやでかいイカまで釣果の噂は絶えない場所だけど、やはり釣り人が多いのと黒之瀬戸海峡の激流で釣りが難しく僕としては敬遠している。特に根魚中心の釣りでボトムが取れないほどの潮の速さでは魚が釣れる気がしない。

そんなわけで人も少なく前回実績も良かった小さな漁港で夜明け前から釣りを開始。

先行者はエギンガーが一人のみで堤防先端のテトラに乗ってロッドをシャクっている。僕は堤防付け根から少しずつ移動しながら先端へと近づいていく。

何のアタリもなく先端付近まで到着。テトラ上のエギンガーとは投げる方向が違うので堤防の先端に陣取る。

やはり阿久根。朝マヅメのパワーが違う

漁港の入り口となる先端付近は対岸の堤防まで距離が短く、フルキャストすると向こうの堤防まで余裕で届く。

その対岸の堤防足元に向けて2投目。リグを着底させて2秒ほどステイするとじんわりとした感触が手元に伝わってきた。

何か触ってる。気持ちラインを送り込んだのちに一気に合わせる。

掛かった!

底は特に大きな根があるわけでもないが、こちらの足元には大きなテトラがあり潜られると非常に厄介だ。そこで一気に勝負を付けるためゴリ巻きでとにかく浮かせる。

始め抵抗を見せたものの意外に粘らず浮いてきた。

キジハタ!

阿久根でキジハタ再び
阿久根でキジハタ再び

思わず声が出てしまった。きっとエギンガーが羨ましげに眺めているに違いない。

肝心のキジハタは小さかったがやはり阿久根の海は懐の深さを感じる。こんな小さな漁港で水深も浅いのに今のところキジハタのヒット率100%(2/2)とイチローもビックリの打率を誇る。

もう少し水深があればもっとサイズと数が出そうだがそれは贅沢だろう。キジハタの顔を拝めただけではるばる阿久根まで来た甲斐があるというものだ。

これで道中のトイレで受けたトラウマも引きずらずに済みそうだ。

残念ながら魚の方は23〜24cmだったので泣く泣くリリース。腹も大きかったので未来のキジハタのために写真を撮って海へ帰ってもらった。

釣行データ

釣行日 2016年8月20日(土)
潮回り 中潮
場所 阿久根市の某漁港

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ラパラ「ラピノヴァ」25m12lb
シンカー 中通しオモリ4号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1
ワーム エコギア・グラスミノーM
ワームカラー シロギス(夜光)

2016年8月20日(土)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
キジハタ 1匹。23cmほど