釣行記録2016年8月13日:不人気の堤防でキジハタ降臨

キジハタ降臨

ついこの間マゴチを釣り上げた堤防に今度はキジハタが降臨した。

この堤防、不人気でいつもあまり釣り人がいないんだけどここ最近ボクの中では暑い、いや熱いポイントとなっている。

なんたって、マゴチに続いてキジハタまで登場するとはここは高級魚のデパートですか?

午前中はいつものテトラでアラカブと遊ぶ

いつも通り根魚に朝マヅメなんてで10時過ぎに釣り場に到着。そしていつも通りのテキサスリグでいつも通りのグラスミノー・シロギスカラーで釣り始める。

そうするといつも通りの顔なじみが顔を出してくる。

テキサスリグでアラカブ
テキサスリグでアラカブ

サイズまでいつも通り。

アラカブを釣ってはリリースを繰り返しながらテトラを渡り歩く。この暑さのせいか他に釣り人もなくポイント独り占めだ。かといってアラカブ以外が掛かるわけでもなく虚しく時間と仕掛けが消えていく。

昼が過ぎた頃には灼熱の気温となったテトラで一人、背中に伝わる汗を感じながら考える。

釣れねー。

アラカブはもういい。嫌いじゃないけど距離を置きたい。向こうもきっとそう思っているだろう。

そうこうしていると手持ちのフックを使い果たし、あえなく納竿か、と車に戻りハンドルを握る。重りとフックを補充して帰るか。と釣具屋へと車を走らせ余計なものには目もくれず、目当てのアイテムを購入する。

釣具屋を出て無意識に自宅とは反対方向にハンドルを切る。気がつくと車は不人気の堤防へと向かっていた。

帰るつもりがポイント移動

よくあることだけど帰るつもりがいつのまにか違うポイントに向かっている。単なる消化不良なんだけどまだ釣り足りない。いやアラカブ以外が釣りたい。

そんなワラにもすがる思いで不人気の堤防へとやってきた。不人気の堤防で果たしてお腹いっぱいになるのか不安だが、ここでは先日マゴチをゲットしている。マゴチ、できればキジハタ・オオモンハタ、欲を言えばヒラメ。

釣れないかなー、釣れないんだろうなー。

まあとにかく釣り始める。時間は既に昼の3時を回っている。この日の満潮は4時半で潮止まりが近づいているがそんなことも関係なく、リグを投げ込む。

先日マゴチを釣り上げたポイントを中心に2匹目のマゴチ狙いで絨毯爆撃を開始。さすが何の変化もない場所だけに何の反応もない。

だよねー。

とか思いながらもいやホントはいるんだろ、としつこく投げ込むが生命反応を感じられない。

2匹目のマゴチは諦め先端に移動する。

潮通しがよく変化の多い先端で粘る。

この堤防、先端部分は非常に潮通しが良く水深もそこそこあるため、潮が早い時は底を取るのも難しいほどの激流となる。

潮通しの良さに加え、堤防周りは大きめのテトラが囲んであり一部が崩れたりして変化に富んだポイントを形成している。だけど不人気。

その先端に陣取り幅広くリグを投げ反応を探っていく。

しかし反応が薄い。そういえば以前ここで会った餌釣りのおっちゃんが言っていた。

「ここはアラカブがよ〜釣るっど。じゃっどん毎日来ちょったら釣れンゴなった。」

翻訳すると、「ここはカサゴがよく釣れるよ。でも毎日来て釣っていたら釣れなくなってしまったよ」

でしょうね。とおっちゃんのバケツに無造作に突っ込まれた小さなアラカブを見ながら心の中でツッコみを入れた記憶がある。

アラカブだけじゃなく小さなオオモンハタやヤミハタも入っていた覚えがあるけど、そういえば最近そのおっちゃんをこの堤防で見かけないな。きっと釣れなくなって他のポイントへと移ったのだろう。

その時は突然やってきた

場所移動したにもかかわらずアラカブ1匹釣れないまま夕方の満潮を迎え、気分はすっかり諦めモードに。

もはや釣れる気もせず適当に投げて適当に巻いてを繰り返す。

適当に投げ足元のテトラまでダラダラと巻いてくる。この場所ではテトラの根本ですぐ根がかりするのでテトラ際は早巻きで回収することが多いんだけど、この時はダラダラとテトラの根本をゆっくり巻き上げていた。

するとじわりと竿に重さを感じ、あ〜藻に絡んじゃったな。と思ったもののリールのハンドルは回せる。

はて?とさらにハンドルを回すと竿に重さを感じるが巻ける。と、ふいに藻が動き出した。

ようやく魚が掛かってることに気づき、ラインのテンションを保ちながら巻き続けるとなかなかの重量感が伝わってくる。水面に近づくにつれ何者か知らないがテトラの隙間にどうにか突っ込もうと激しく動き出した。

しかし時すでに遅くかかった魚が水面に浮いてきた。濃いオレンジ色だ。

アラカブ?いやアラカブより魚体が滑らかな流線型だ。

やったよ!キジハタだよ。おっちゃんどうだ。おっちゃんが釣りまくった場所で高級魚釣ったぜ!

大きくはないものの足元に見えるキジハタにこの日の暑さも苦労も一気に吹っ飛ぶ。満潮とはいえ、高さのある堤防なので抜きあげるかどうか一瞬悩むも、この1匹は絶対にバラしたくない。

普段出番がなさすぎて持ち歩かないタモを持ってきてて良かった。タモを振りだそうとするがシャフトが伸びていかない。あまりに使わなすぎて固着したか。

道具の手入れは怠るべからずとはよく言ったものだが、そんなことを言ってる場合じゃない。やむを得ずそ~っと抜きあげる。どうにかバラさずに無事キジハタをキャッチ。2匹目のキジハタはいないかと続けて投げ込むもそれ以上の反応は得られなかった。

キジハタ降臨
キジハタ降臨

サイズは尺に届かず28cmほど。大きくはないが価値ある1匹だ。

不人気の堤防で釣れたロックフィッシュの王様、いやサイズ的に女王様か。

美しい。

釣行データ

釣行日 2016年8月13日(土)
潮回り 若潮
場所 ①鹿児島市錦江湾の某テトラ
不人気の堤防

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ラパラ「ラピノヴァ」25m12lb
シンカー 中通しオモリ4〜6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1
ワーム エコギア・グラスミノーM
ワームカラー シロギス(夜光)

2016年8月13日(土)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
アラカブ 5匹ほど。10〜15cm
キジハタ 1匹。28cm