釣行記録2016年8月12日:フグにやられたワームでアラカブ入れ食い

本日のヒットワーム「フグの食いかけ」

いまいましいフグめ。

あっという間にワームを歯型だらけにしてくれるメーカーの強い味方。

フグ。

ルアー釣りのみならず全釣り人の共通の敵と言っても良いだろう。

フグ。

付けたばかりのワームが1投目でズタボロになって戻ってきた時のあの感覚。

フグ。許すまじ。

だけどこの日ばかりは憎っくきフグのおかげでアラカブが爆釣となった。

炎天下の真っ昼間で地獄の釣行スタート

いつも通り根魚に朝マヅメなんて関係ねぇといつものテトラについたのは11時前。見事に干潮潮止まりのタイミングで釣れそうな気配は皆無。そして、

暑い。

この日、鹿児島の最高気温は34.7度。釣る前から既に死にそうだけど、デカハタ来いと釣り始める。

いい感じに濁りの入った海水
いい感じに濁りの入った海水

海水は少々濁りが入り悪くはなさそうな状況。干潮潮止まりとあって潮はゆるい感じだけど、ここは満潮から下げ潮の時は激流となり釣りが成立しにくいポイント。そのため干潮から上げ潮狙いのほうが釣りもしやすく、また釣果にも繋がるイメージ。

フグの活性高く高反応

普段この釣り場はフグの影が薄くワームの被害がそれほど無い平和な場所なんだけど、この日はどうしたことかフグの活性が非常に高く投げ込むグラスミノーに盛んにアタックしてくる。

沖目ではそれほどではないけど足元に近づくにつれフグの大群にワームがやられてしまう。そこで足元を諦め沖のブレイクあたりを丹念に探るとようやくファーストヒット。

いつも通りのアラカブ
いつも通りのアラカブ

いつも通りのアラカブとご対面。やあどうも。

まあボトムを中心に探っている以上、悪いのは食ってくるアラカブじゃなく、スイミングで食わせられない僕の腕のせいなんだが。

フグにかじられてズタボロのワームに高反応が

にしてもこの日のフグはしつこいくらいワームに噛み付いてくる。どうしよう、場所移動するか?と考えたものの暑いし面倒なのでここで続行。

交換してもどうせすぐやられるのでボロボロのワームを使って釣りを再開。すると、

コイツ、釣れるぞ

小さいのからこの場所にしてはまあまあサイズの20cmアップまでがテンポよく釣れる。

ボロボロのワームで釣れたアラカブ
ボロボロのワームで釣れたアラカブ

さっきまではポツポツだったアタリが1キャストごとに反応が帰ってくる。上げ潮のタイミングと重なったこともあり入れ喰い状態。

この反応の違いは何故?と考えると答えはどうやらボロボロのワームにあるようだ。

これがフグのせいで惨めな形になったグラスミノー(シロギス)。

本日のヒットワーム「フグの食いかけ」
本日のヒットワーム「フグの食いかけ」

いや、この形が本当に効いているのかは分からないんだけど、とにかく釣れる。

エコギアさん。この形でワームを作って大儲けしませんか?ロイヤリティは10%で良いんで。

ワームの名前はもちろん、

「エコギア・フグの食いかけ」

でどうでしょう?

とくだらないことを考えていたら、アラカブしか釣れてないことなど忘れて楽しい1日となった。

釣行データ

釣行日 2016年8月12日(金)
潮回り 長潮
場所 鹿児島市錦江湾の某テトラ

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ラパラ「ラピノヴァ」25m12lb
シンカー 中通しオモリ4〜6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1
ワーム エコギア・グラスミノーM
ワームカラー シロギス(夜光)

2016年8月12日(金)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
アラカブ(カサゴ) 20匹ほど。10〜20cm