【釣り場データ】不人気の堤防

不人気の堤防

鹿児島市内にありアクセスの良さから割と行くことの多い「不人気の堤防」。個人的には釣果もそこそこ出ているので近場で釣りをする際には必ず候補に入る釣り場。ただし数が出そうな雰囲気はあまりない。

潮通しは抜群によくベイトもそれなりにいて、水深は2m〜20mほどと変化に富んだ釣り場で一部テトラが崩れてたりするため、魚の気配は感じる穴場ポイントだ。

※釣り場のネーミングは釣り場のイメージから勝手につけたオリジナル。サイト内ではこの名前で統一している。

釣り場データ

不人気の堤防(イメージ)
不人気の堤防(イメージ)
釣り場の名前 不人気の堤防
所在地 鹿児島市内錦江湾
種類 堤防
規模 小〜中規模程度
特徴 「不人気の堤防」というネーミングからも分かる通り釣り人に人気の薄い堤防。その理由は釣りがしにくいから。
足場が比較的高い上、足元のテトラや水面まで伸びた藻のせいで取り込みもしづらい。さらに潮の流れが激しく一部渦を巻くような複雑な潮流のため釣りにくい。
特に根魚のようなボトムを取る釣りでは着底させるのに一苦労だ。重いシンカーを使って底を取ったとしても、激しく流れる潮で流され海底に散らばる崩れたテトラや生えている藻で根がかりが多い。
ベイトの姿は割とあるためそれなりの魚がいそうな気配はある。
個人的には人が少なくて快適なのと過去にマゴチや、ラインブレイクで逃したものの50cmほどのデカチヌ、自己最高記録のキジハタが出たりと割と好成績を収めている。
釣り場のポイントは大きく分けて3ヶ所あり、それぞれ魚へのアプローチが若干異なる。
ポイント①
堤防先端
潮通しが抜群に良い。下げ潮時は激流となり先端から北側に向かってやや複雑な潮流を生む。先端から南側は少し潮が弱まるがやはり早い。上げ潮時はこれまた強烈な当て潮になることが多く、ボトム付近の釣りが難しくなる。
遠投してもいつの間にか堤防足元の沈み根付近にリグが流されてきて、気付いたら根がかりしていることも多い。20G程度の重りだと底を取れない場合もあるほど。
水深もあるため魚種・サイズともに期待できるが釣りを成立させることが難しい。またせっかく掛けても崩れたテトラが多数沈んでいるため、取り込みまで持ち込むのも一苦労する。
デカイ魚がもっといそうなポイントだけど今のところそんな魚には遭遇していない。
ポイント②
堤防中間(北側)
堤防付け根までほとんど潮が動かない。先端部分で激流となっている時でもこちらは潮がほとんど動かない。
水深は3〜5mほど少し遠投したら沈み根や何かしらの障害物が沈んでいるようで、根がかりもたまにする。そのあたりで釣れるのは今のところアラカブのみ。
潮が動かないから魚がいないかと言うとそうでもなく、これまで数匹のマゴチと、ラインブレイクで穫れなかったが軽く40〜50cmくらいのチヌ。更に表層付近を座布団ヒラメが悠々と泳いでいたりするポイント。
他に30cmほどのオオモンハタも釣れたことがある。
足元はテトラが敷いてあるため狙い目としてはテトラ際がメインとなるが、遠投して届く範囲に沈み根のような障害物があるためそこもポイントとなる。ただしここで釣ったマゴチはいずれも何の起伏もない場所で食ってきた。
ポイント③
堤防中間(南側)
多少潮は動くが堤防付け根に向かって徐々に動きが遅くなり、岸壁付近ではほとんど動かない。
水深は2〜3mほどと浅い。ポツポツ岩が沈んでおりテトラ際から5mほどは底がゴロタ状になっていて、ロックフィッシュの気配も感じる。
水深が浅いのがネックなのかこのポイントで大型の魚を捕獲したことはまだない。過去に釣れたのはオオモンハタ・キジハタ・ヤミハタ・アラカブ(カサゴ)と豊富だけどいずれも小型。
ここはゴロゴロとした岩のせいでテキサスリグでも根がかりが多く、釣り方としてはジグヘッドでのスイミングが一番有効かもしれない。とくにオオモンハタ・ヤミハタはスイミングに良い反応を示すことが多い。
ここでの釣果実績 アラカブ(カサゴ)・ベラ・オオモンハタ・キジハタ・ヤミハタ・マゴチ

釣果写真

ポイント①
キジハタ39cm(自己最高記録)
キジハタ39cm(自己最高記録)
ポイント②
マゴチ35cm
マゴチ35cm
ポイント③ 画像なし