釣行記録2016年8月5日:不人気の堤防で灼熱の真っ昼間にマゴチ

真夏の真っ昼間に釣れたマゴチ

釣れたんじゃない釣ったんだ。

もう一度言う。

釣れたんじゃない釣ったんだ。

この日の釣行は鹿児島市内の某堤防。それほどの長さもないが堤防の周りをテトラがグルッと囲んでおり、なおかつ先端部分は非常に潮通しの良いいかにも釣れそうな堤防だ。

とは言ってもここでまともな釣果を上げたことはほとんどない。他の釣師にも人気がないらしく、他の堤防や港に比べて釣り人が少ないため割と釣りがしやすい穴場といえば穴場スポット。

不人気の理由はズバリ「釣れないから」に尽きるんだと思う。ここで釣りをしているのは大抵、遠投カゴ釣りのおっちゃんだけどいつも豆アジしか釣れてない(多分)。ルアーマンを見ることも少なく、鹿児島市内の堤防としてはすこぶる不人気な場所だ。近くにある少し長めの堤防にはいつも大勢の釣り人がいることを考えると不自然なほど人が少ない。

さらにここは足場が高めな上、潮通しの良い先端部分は潮が動く時間帯は激流となり、堤防の周りは2枚潮のような複雑な潮流を作る。そのおかげでテトラや藻への根がかりに苦しめられることになる。

ただ、上でも書いたように潮の当たりは抜群に良く、水深も激浅〜深場と変化に富んでいて雰囲気としてはいかにも釣れそうな場所ではあるんだけどとにかく釣れない。でも一方で以前ここで水面近くを座布団ヒラメが泳いでいたのを目撃したりと魚がいないわけじゃなさそうな不思議な場所でもある。

まずはいつものアラカブがお出迎え

いつも通りグラスミノーのシロギスをセットし(最近はもっぱらシロギスのみで通している)、心当たりの場所を攻めていく。

予想通り反応はほとんどない。やっぱり釣れない場所なのか。

否、やっぱりコイツはどこでも会いに来てくれる。向こうは会いたくもないのか怒ったような目でヒレを目一杯広げている。

いつものアラカブ
いつものアラカブ

馴染みの顔に挨拶を済ませ、今日もホゲなかったと自己満足にひたる。

アラカブだけでは欲求不満なのでハタ来ないかとランガン。

テトラに乗ったり堤防の上からフルキャストで広範囲を攻めたりと、手を尽くすがアラカブを1匹追加したのみで時間だけが過ぎていく。そのうち干潮が近づき満潮時は水面下にあるテトラが顔を出してきた。

この堤防の上は干潮時は足元のテトラが完全に露出するため魚が取り込めなくなる。そのためテトラが水面に出てくるまでが勝負なのだが、今回もどうやらタイプアップか。

この日まだ投げていない何でも無い場所。沈み根があるでもなく起伏があるわけでもないフラットな、いかにも何も釣れなさそうなポイントに投げてみる。

アラカブ以外にアピールするためにワームをスイミングで誘う。10回ハンドルを巻いて一旦着底させる。その瞬間抑えこむようなアタリがきた。

予想しないタイミングで訪れたチャンスに焦りながらなんとか合わせが決まり、リールを巻き始めるとアラカブではない重さが竿に伝わってくる。

ん?アラカブじゃないな

と思いながらほとんど露出しかけてるテトラのそばまで寄せてくるとゴンゴン首を振り始めた。

おぉッ!?

なんだなんだ、と思いながら強引に巻いてくると浮いてきたのは今年初のマゴチ。

真夏の真っ昼間に釣れたマゴチ
真夏の真っ昼間に釣れたマゴチ

それほどでかくないけどやっぱりアラカブとは違う引きで楽しめる。しかし、浮いてきたのはいいけどテトラはほとんど水面に出てきていて取り込める場所がほとんどない。どうにかこうにかマゴチの誘導に成功し抜きあげる。

時間は昼の1時を回っている。干潮およそ1時間前でこんな真っ昼間にマゴチが釣れるとは。鹿児島では河口付近の浅場を中心にマゴチが割と釣れるらしいが、テトラや堤防からだとなかなかお目にかかれない。

しかも今年1匹目のマゴチ。サイズは40cmにも見たないけどテキサスリグのスイミングで釣ったことに意味がある。
ただ気になるのがフックの刺さり方。口の下から上唇の方へ縫うように掛かっている。つまり口の外から刺さっていた。いわゆるスレ掛かり的な刺さり方。

これはもしや釣ったことにはならないのじゃ?

いや違う。やっぱり

釣れたんじゃない釣ったんだ。

ということにして家へと帰ることにした。

釣行データ

釣行日 2016年8月5日(金)
潮回り 中潮
場所 不人気の堤防

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ヤマトヨテグス(YAMATOYO) フロロ ショックリーダー12lb
シンカー 中通しオモリ5号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1
ワーム エコギア・グラスミノーM
ワームカラー シロギス(夜光)

2016年8月5日(金)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
アラカブ(カサゴ) 2匹。15cmほど
マゴチ 1匹。35cmほど