釣行記録2016年8月1日:夕暮れ迫る激浅の小港でオオモンハタをキャッチ

ようやく釣れたオオモンハタ

この日は普段行かない鹿児島市南部方面の某小さな港にやってきた。小港ながらも河口がすぐそばにあり、青物からフラットフィッシュまで幅広い釣果が伝わってくる割とメジャーなスポットだ。

大潮の1日目、満潮は19時前で現場入りしたのは16時ごろで満潮に向かう夕マヅメ狙いだ。根魚にマヅメなんて関係ねえと言いながら、やっぱり朝夕マヅメのドーピングの力を借りてでも魚を釣りたい。

とにかく浅い

この港の特徴はとにかく水深が浅いこと。船のたまり場はまだマシとして港外側の河口付近の水深は満潮時でも2mほどだろうか。港の外側には大型の船も付けられるような大規模な岸壁が続いているので、そちらは水深も深く、青物の回遊も期待できるようだ。

先客は向かい側の堤防先端に地元の子どもたちなのか4〜5人。僕は反対側のより河口に近い小さな小さな堤防で釣り始める。とにかく浅いのでキャスト後着水すると直後にボトムにつく。こんな水深で魚が釣れるのかと不安になりながら四方八方に投げまくる。

何者かはわからないけどたまに小さなアタリが来る。合わせても乗らずよほどのショートバイトなのか魚が小さいのか分からない。河口付近ということでやはりフグもいるようだが、1投ごとにワームがズタボロになるほどではないので気にならない。

フラットフィッシュの影も見えない

河口絡みでヒラメやマゴチを期待しつつ投げるもそれっぽいアタリすら来ない。いないわけではないだろうけど、とにかくアタラず。いつものテキサスリグのスイミングではアピール不足か。

そのうち夕暮れも迫ってきてつまんねえなー帰ろっかな、とか思いながらワームを先日買ったJACKALLのイカクロー3.0に替え、先ほどまで子どもたちが釣りをしていた対岸の堤防に向かってフルキャストしてみる。小さな堤防ゆえ向こう側まで届き堤防の壁にぶつかり壁際に落ちる。

ボトムを叩くように小刻みにアクションしていると竿先に違和感を感じ、なんとなく合わせてみると何かが掛かった。あまり引かず重さもそれほど感じずここまで来てアラカブか、とちょっとテンションダウンしていると上がってきたのは、

ようやく釣れたオオモンハタ
ようやく釣れたオオモンハタ

今年これまでほとんど釣れていないオオモンハタ。久しぶりのオオモンハタだったがサイズは20cmをどうにか超える程度と小さくあえなくリリース。

数もサイズも出ない釣りが続きモチベーションの維持が厳しい。やはりオフショア?それとも沖堤?釣りをするからには1匹でも多く少しでも大きな魚が釣りたい。そんな気持ちは釣り人共通の思いだろうけど、やっぱり車で行けて足場の良い場所で気軽に釣りを楽しむ。それが陸釣りの良さだ。

あくまで陸釣りにこだわってもっと釣れる方法を模索していこうっと。

釣行データ

釣行日 2016年8月1日(月)
潮回り 大潮
場所 鹿児島市南部の小港

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ヤマトヨテグス(YAMATOYO) フロロ ショックリーダー14lb
シンカー 中通しオモリ4号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1
ワーム エコギア・グラスミノー、JACKALL・イカクロー3.0
ワームカラー シロギス(夜光)、オーロラシュリンプ

2016年8月1日(月)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
オオモンハタ 1匹。21cm