ラパラのフロロカーボンショックリーダー「ラピノヴァ」25m12lb

ラパラのフロロカーボンショックリーダー「ラピノヴァ」25m12lb

安くて使いやすいラパラのショックリーダー。コスパの良さでは定評のヤマトヨテグスのフロロショックリーダーに劣らず最近のお気に入りだ。最近ではもっぱらヤマトヨリーダーよりラパラの方を選んで購入するくらい気に入っている。

根掛かりの多い釣りではショックリーダーの使用量も増えるから高いラインなんか使えない。根ズレのことを考えると強度のある高価なラインだろうけど、そもそも根ズレが気になるほどのサイズなんて滅多にお目にかからない訳だから、リーダーに求めるものは一に値段二にも値段。

ノットの組みやすさ

PEラインとの結束はいつもFGノットなんだけど、今使ってるユニチカの1.2号のPEラインとは相性が良いようでノットのスッポ抜けなどはない。

他メーカーのPEラインではどうか分からないが、ノットの組みやすさに関しては一切不満を感じない素直なリーダーだと思う。

巻きグセ

フロロカーボンのラインといえばスプールに巻きつける際に出来る巻きグセが気になる。けど、このラインはそれほど巻きグセがキツくなくて繰り返しの釣行にも問題なく使用できる。巻きグセが一切つかないわけではないけど実用上不満を感じないレベルだ。

同価格帯のヤマトヨリーダーと比べてもラパラのほうが巻きグセがつきにくい印象。

強度

12lbなので強度はもちろんそれなりにあるけど、根がかったときに切るのが難しいほどではない。おかっぱりから釣れる最大級のハタ類が2〜3Kg程度としたら、12lbあれば単純な綱引きで切れることはないだろうし、そんな魚にはお目にかかったことはない。

引っ張り強度を正確に計ったわけじゃないのであくまで体感でだけど、強度に関しては可もなく不可もなくといったところ。

対根ズレ

根ズレには謳い文句ほどは強くない印象。根やテトラにこすれた部分はさすがにザラザラになる。テトラ際で掛けた時や根に入られたときなどは、無理やり引き剥がそうとするとラインブレイクという結果になりやすい。

どんなラインでもそうだけど障害物に鋭角に当たる場合や、カキ殻など鋭利なものに当たると簡単に切れる。それはこのラインだけに限ったことではない。

ただ、価格帯の近いヤマトヨのラインと比べるとラパラのほうが根ズレに関しては上ではないかと思う。

コスパ

ヤマトヨのフロロカーボンリーダーに引けを取らないほどの値段の安さゆえコスパの高さは今のところ最高クラス。12lbのフロロリーダー25mが実売価格で500円以下で、使えるラインはヤマトヨとこのラパラのリーダーくらいじゃないかと思う。

総合評価

評価項目 評価(5段階)
ノットの組みやすさ ☆☆☆☆★
巻きグセ ☆☆☆★★
強度 ☆☆☆★★
対根ズレ ☆☆☆★★
コスパ ☆☆☆☆☆
総合評価 ☆☆☆☆★

このクオリティで長さがヤマトヨと同じ30mだったら天下取ってた。そのくらい優秀なフロロリーダーだと思う。あくまで低価格帯の商品としては、という前置きがつくけど。高価なラインなど使ったことがないので比較できないのが残念だ。

単純にメーター単価で言えばヤマトヨのフロロリーダーのほうが安いが、実際の釣行ではどちらを選ぶかと言われたら僕はこちらを選ぶ。現時点で僕の釣りでは欠かすことの出来ない商品だ。