釣行記録2016年7月12日:新リールはアラカブで入魂完了

シマノ「セフィアBB」と海

アマゾンのアウトレットで購入したシマノのセフィアBBをロッドに装着していつものテトラに出撃。

釣れる釣れないは関係ない。リールが巻き巻きしたいだけだ。いやホントはデカイ魚が釣りたいが。

風と波の強い海で釣りスタート

新しいリールを試したくて海の状況が悪いのを覚悟で釣り場へと到着。やはり波が高い。風は横から吹いてきていつもなら敬遠するレベル。

とにかく、まずは第一投、横風を受けながらもぶっ飛ぶ。同時に購入したユニチカのPEライン100mが危うく底をつくところだった。

今までの安物リールとは明らかに違う飛び具合。巻き心地もスムーズだしハンドルも握りやすい。風のおかげでラインがはらみコントロールしづらいけど非常に使いやすい。

調子よく巻き巻きしているとカッカッというアタリ。よっしゃと合わせを入れファイト開始。まあアラカブなのはわかってるんだけど新リールでの嬉しいファーストフィッシュ。

セフィアBBでのファーストフィッシュ
セフィアBBでのファーストフィッシュ

魚種とサイズはともかく釣れたことにホッとしながら、さらにランガンするとポツポツではあるけどアラカブを追加。

それにしてもこの辺りにはデカイアラカブはいないのか?釣れてもせいぜい20㎝弱くらいで尺はおろか、25㎝以上のアラカブにこの場所ではお目にかかっていない。
もしかしたら足元のテトラの隙間にはいるのかもしれないが、穴釣りはあまり好きではないので確かようがない。

とはいえ本来の目的はキジハタやオオモンハタだから、アラカブのサイズにこだわってもしようがない。まあ釣れる魚のうち9割り以上アラカブなんだけど。

同じ根魚と呼ばれる魚でもアラカブと、それ以外のハタ系の習性はだいぶ違うようで、ハタ系をもっと狙えるように修行が必要だな。

セフィアBBの使用感は上々で、1万円ほどのリールにこれほど満足感を得られるなら、ケチケチせずもっと早く買っておけばよかった。

アラカブの吐いたベイトは蟹

アラカブのベイトなんて誰も気にしないだろうけど、せっかくアラカブがおえっと吐いてくれたので写真に撮ってみた。

アラカブの吐いたカニ
アラカブの吐いたカニ

目の前にあって口に入るものなら何でも食ってるイメージのアラカブだけど、前に捌いたアラカブの胃からゴツイ殻付きの巻き貝が出てきた時はさすがに引いたね。お前そんなん消化できるんかと。

釣れども釣れどもアラカブばかり。しまいには横風と波が一層強くなり始めたところで納竿。

釣行データ

釣行日 2016年7月12日(火)
潮回り 小潮
場所 錦江湾某テトラ

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ヤマトヨテグス(YAMATOYO) フロロ ショックリーダー14lb
シンカー 中通しオモリ6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 1/0号
ワーム グラスミノー
ワームカラー
ワームカラー チカチカ室蘭・シロギス(夜光)
ルアー TAKAMIYAのファルケンRスピンブレード

2016年7月12日(火)の潮汐

釣果

魚種 数とサイズ
アラカブ(カサゴ) 4〜5匹。手のひらサイズ