ケイテックのライブインパクトで久しぶりのマゴチをゲット!2017年8月29日

ライブインパクトで釣れたマゴチ

クソ暑くて釣り行くのすらダルいな〜、でも行かなきゃ魚にも会えないよな〜。ってことでダルい体を引きずり海へと向かった。

この日の釣り場は広い港湾部の入り口あたりにあるボート付き場。ここは深い港湾部に比べ水深がせいぜい3〜4mほどの浅場。底質は手前は岩が沈んでいてあとは基本砂地という場所。

水深も浅く変化に乏しいような場所だけど、ここは小型のハタ類の養殖場のような場所で30cm程度までのオオモンハタやキジハタがそれなりに釣れるという知る人ぞ知る場所である。僕もロックフィッシュを釣り始めた頃に良くこの場所に来て練習していた。

1年ほど来てなかったけど、今でもハタ類釣れるんだろうかという調査の意味も込めて久しぶりの釣行。

開始一投目でまさかのマゴチ

釣り場に着いて用意したのはいつも通りテキサスリグ。付けるワームは日も高くなってるし喰いも渋そうってことでケイテックのライブインパクト2.5インチ、カラーはサハラ・オリーブフレーク

適当な場所でとりあえずホイッと投げて着底を待つ間、周りの様子をキョロキョロと見る。浅いのですぐに着底するが釣れる気が全くせず極めて適当にリールを巻いて再着底させる。

あいかわらずキョロキョロしてると竿先に違和感が。

おぉぅ!喰ってる!

とっさに合わせるとフッキング成功。すかさずゴリ巻き開始すると首を振るような反応。しかしそこまでの重量感もなく余裕で浮いてくる。

上がってきたのはなんと約1年ぶりとなるマゴチ。

ライブインパクトで釣れたマゴチ
ライブインパクトで釣れたマゴチ

全く想定外の獲物に驚いた。というかマゴチなんて久しぶりすぎて存在をすっかり忘れていた。

サイズは30cmほどと小ぶりだったのでリリース。その後はウンともスンとも言わず、もちろん目当てのロックフィッシュにも会えずに家へと帰った。

釣行データ

釣行日 2017年8月29日(火)
潮回り 小潮
場所 ハタの幼稚園

タックル

ロッド ダイワ「HRF 810MHS」
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー レインズバレットシンカー5/8oz(17.5g)
フック デコイ「ハイパーミニWORM27」6号
ヒットワーム ケイテック「ライブインパクト2.5インチ」サハラ・オリーブフレーク

2017年8月26日(土)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
マゴチ 1匹。30cm

「ケイテックのライブインパクトで久しぶりのマゴチをゲット!2017年8月29日」への4件のフィードバック

  1. 「行かなきゃ最初の1尾と出会えない!」と
    僕も同日、海に向かいましたが厳しかったです。

    今、ほぼ丸オモリでテキサスしてます。
    (底が分かりやすい気がして)
    ホゲ太さんの場合、バレットシンカーと丸オモリの使い分けに
    基準みたいなものはあるのですか?

  2. バレットシンカーは釣具屋でたまたま安売りしてたんで買ってみたってとこです。なんで使い分けしてるわけじゃないですが使用感としては、丸オモリよりバレットシンカーのほうが着底感や障害物のスリ抜け感は上だと感じました。

    今回使ったのはバレットシンカーでも多面カットでカクカクしてるやつなので普通のバレットシンカーとはちょっと違いますが、少なくとも根がかりは丸オモリより少ない気がします。

    丸オモリの方がコスパ的にはずっと上なので普段使いはやっぱ丸オモリかな〜って感じですけど根がかりを考えるとバレットシンカーもありかなと、悩ましいです。

  3. ありがとうございます!
    もっと丁寧に操作して、僕も違いが感じられるようになりたいなあって思います。

    ネットとかでは、タングステンが分かりやすいとか見かけますけどね~。
    こちらは、根がかったときの心のダメージが大きそうで未体験です。

  4. 確かにタングステンシンカーの方が感度も根掛かり回避性能も良いですがいかんせん高過ぎですよね。

    丸オモリで釣れない訳じゃないんでやっぱり僕は丸オモリですかね。根掛かり気にしてたらロックフィッシュやってられないですからね(^-^;

コメントは受け付けていません。