ケイテック「スイングインパクト3″」セクシーシャッド

ケイテック「スイングインパクト3"」セクシーシャッド

スイングインパクト3インチのセクシーシャッド。半透明のクリアカラーに蓄光か蛍光か黄緑色に光るツブツブが混ぜ込まれている。

僕の好きなグラスミノーのシロギスカラーもそうだったけど、発光素材のフレーク入りワームは釣れるイメージがあり”スイングインパクト×発光素材”で釣れないわけ無いだろうという理由で即購入。

ボディは不透明のクリアカラー

セクシーシャッドのボディカラーは不透明のクリア
セクシーシャッドのボディカラーは不透明のクリア

透明じゃないってところがポイントだ。アピールカラーでもなく極端なナチュラルカラーでもないというところが良い。このカラーのおかげで時間帯を問わずに使うことができそうだ。

黄緑色に発行するフレーク入り

黄緑色に発行するフレーク入り
黄緑色に発行するフレーク入り

ボディには蓄光素材か蛍光素材か分からないけど黄緑色に光るフレークが散りばめられている。コレコレ。

この発光素材のおかげでワームに絶妙な生命感を与えている気がする。このフレークによって朝・夕マヅメ時や濁りのきつい時のように光量の少ない状況でも魚に上手くアピールすることができるはず。

フィットするフックは小さめ

ハイパーミニWORM27#6をセットした
ハイパーミニWORM27#6をセットした

画像は3インチのスイングインパクトにデコイのオフセットフック「ハイパーミニWORM27」6号を刺した時のイメージ。かなり小さめのフックだが3インチ程度のワームにはちょうどいい具合。#6あるいは#4かあるいは#2ぐらいまでがワームの動きを邪魔しないフックサイズじゃなかろうか。

ケイテックのワームはどれもこれも釣れそうな気がするけど、このセクシーシャッドの絶妙な不透明感は他にはあまり見ない気がする。

更にボディ全体にまぶされた発光素材のフレークによって、ワームに生命感を与えている。

使用するシチュエーションとしては、朝・夕マヅメはもちろん濁りのキツイとき、曇り空などダウンライトな状況のほか、不透明なクリアカラーで晴れて澄み潮のときでも使えそうなマルチユースワームといった印象だ。どんな状況でも魚の興味を引きそうな特徴を併せ持っている。

セクシーシャッドでの釣果

セクシーシャッドのおかげで今年なかなか釣れていなかったキジハタをゲットすることができた。

ケイテック「スイングインパクト」でキジハタ捕獲
ケイテック「スイングインパクト」でキジハタ捕獲

この時は朝マヅメ時で海中はまだ暗かったと思うが、そんな状況に発光素材のフレークが効いたのではないだろうか。もちろんスイングインパクトが持つシルエットやアクションが効いたのかもしれないが。

とにかく今年初となるキジハタを連れてきてくれたスイングインパクトのセクシーシャッドには、感謝感激だ。