ケイテックの「ライブインパクト2.5」サハラ・オリーブフレーク

ケイテックの「ライブインパクト2.5」サハラ・オリーブフレーク

最近お気に入り、ケイテックのワーム。このライブインパクトは多数のリブがついた細身のボディに、一見ピンテールのような形状だけど、先端がヘビの舌のように2つに割れていて小さな尾ビレのようになっている。

このサハラ・オリーブフレークというカラーはモエビを模したカラー。グレーがかった緑というかなんというか微妙な色加減に、黒っぽいフレークと蓄光素材のフレークが混ぜ込まれている。

多数のリブに小さなベイトの尾ビレに見える先端
多数のリブに小さなベイトの尾ビレに見える先端

やっぱりケイテックのワームは造形が細かい。素材感は当然柔らかくプルプルでいかにも水中で水を噛んで動いてくれそうだ。

何てったって安い!

2.5インチながら12本入りで500円以下の値段。サイズは小さいけど消耗の激しいワームでこの数量は嬉しいの一言。

ワームといえばフグの大好物。対象魚に食われてボロボロになるよりフグにかじられてズタズタになることも多い。12本もあれば少々フグにやられてもガンガン交換することができる。

喰い渋りにちょうど良いサイズ!

2.5インチという絶妙なサイズ感。活性が低く喰いが浅い場合、何でも良いから魚の顔が見たい時など一口サイズのこのワームでアラカブ(カサゴ)くらいならどうにでもなる。

実際、3〜4インチのワームで何も釣れず、アタリらしいアタリもほとんど無い日にライブインパクトを使ったらアラカブがホイホイ釣れたことがあった。

ケイテックのライブインパクトで釣れたアラカブ(カサゴ)
ケイテックのライブインパクトで釣れたアラカブ(カサゴ)

蓄光素材入りの生命感

このワームよく見ると、ボディにうっすら光る蓄光素材の極小フレークが混ぜ込まれている。蓄光素材入りで釣れるワームといえば僕の好きなエコギアのグラスミノー・シロギスも確かに蓄光素材入り。

やっぱりこの粉末状のキラキラが海中で光り絶妙な生命感を演出しているような気がしてならない。

総合評価

評価項目 評価(5段階)
コスパ ★★★★★
造形(ディテール) ★★★★★
耐久性 ★★★
生命感 ★★★★
釣果 ★★★★
総合評価 ★★★★

すっかりお気に入りとなったケイテックのワーム。安くて沢山入っていて作りも良い。
素材が柔らかいため耐久性には少々難があるが、そのおかげでまさに生きている(ライブ)かのような存在感を魚に与えるのかもしれない。

特に2.5インチの小さめなサイズで魚の活性が低いときには効果を発揮しそう。

4〜5インチくらいの少し大きなサイズだと釣れる魚もサイズアップしそうな気がするので気になるところ。