釣行記7月30日:初魚種マハタモドキをゲット!

マハタモドキ

この日は気分を変えて小さな突堤〜不人気の堤防へと魚探しにて出かけた。

珍しく夜が明ける前から小さな突堤に到着すると、二人の釣り師が竿を出している。僕は少し離れた場所からまずはグラスミノーMのシロギスで様子を伺う。

この日はいつもの鉛じゃなくバレット型のタングステンシンカーを使ってみる。消耗品にお金はかけない派だけど、鉛だとテトラや岩礁に引っかかって外れなくなりラインブレイクというパターンは多いので、結果的にタングステンの方がコスト的に良いのではないかという発想。とは言え高すぎるのが難点だけど。ちなみにタングステンが高い理由はタングステンがレアメタルな上、生産量の90%だかを中国が占めていて市場価格をコントロールしているのが原因のようだ。

さて、突堤の先端には先行者がいるので僕は手前の岸壁沿いを探る。この辺りはボトムに崩れたテトラがあちこち散らばっており投げると根がかり必須でなかなか難しい場所。小型のイカなどは多分沢山いる。根魚も小型ならそれなりにいるはずだけどグラスミノーに反応は無し。

しばらく岸壁をウロウロしていると突堤先端が空いたためそちらに移る。そこで買ったばかりのケイテック「スイングインパクト」アミスペシャルを試してみる。

ケイテック「スイングインパクト2」アミスペシャル
ケイテック「スイングインパクト2」アミスペシャル

これは見かけた瞬間「釣れる!」と確信したワーム。2インチというサイズにこのカラー。しかもケイテックの柔らかめな素材と形状。もはや釣れざるを得ない。

ちょうど日が昇り始め辺りも明るくなってきた頃。釣れると分かっているワームに付け替え、この辺りは投げても根がかりしないので遠投を織り交ぜつつ魚を探す。数投したところで反応が無く再び岸壁足元を探る。

先程まで止まっていた潮も大分流れ始め、タングステンシンカーの5gだと着底が難しい。潮上から流すようにボトムまで落とすと竿先に違和感。合わせるじゃなく、軽くリフトするような感じで竿先を持ち上げると生命反応。

喰った!とそのままリールをゴリ巻き。すると上がってきたのは小さいながらも嬉しいオオモンハタ。

ケイテック「スイングインパクト」アミスペシャルで釣れたオオモンハタ
ケイテック「スイングインパクト」アミスペシャルで釣れたオオモンハタ

20cmある無しだったためリリース。同じパターンでもう1匹さらに小型のオオモンハタが釣れた後反応が無くなったため近くの不人気の堤防へと移動する。

不人気の堤防

さて移動してきた不人気の堤防。さっきまでいた釣り人もいなくなっておりいつも通りの不人気さ。と言っても全く釣れない場所ではないので僕は気に入っているけど。

足元は満潮時に水面下に沈むテトラが入っているためここでは基本、遠投〜テトラ際までを探っていく。堤防付け根から先端に向かって少しずつ移動しながら遠投を繰り返す。

堤防中ほどまで来て反応が無いため、足元のテトラ斜面を舐めるように巻き上げつつ、水面下に沈むテトラの上をゆっくりとアピールしていく。すると不意にテトラの隙間から魚が飛び出してきてケイテックのスイングインパクトに急接近。

ところが後一歩という所で急ブレーキを掛けたように動きが止まり食わない。飛び出してきた魚はそのままテトラの上にフワフワと浮いている。

「マハタだ!いや、ヤミハタか?」

明らかにロックフィッシュな魚体に特徴的な白っぽい縞模様、サイズは30cmあるなしか。ここらではあまり見かけない魚に興奮して再度同じパターンで食い気を誘う、が今度は一瞬反応しただけで追っかけては来ない。

どうにかして食わないかと作戦変更。テトラの上に浮いているマハタ?にワームを見せながらワームをテトラの隙間に落とし、その更に下に沈むテトラ上部に落としステイさせる。次の瞬間、竿先がグッと入り魚がワームを持って行った。

「喰った!」

周りはテトラだらけなので潜られたら終わり。HRF810MHSのバットパワーを活かし浮かせにかかる。魚はうまい具合にテトラの隙間を走りながらすぐに浮いてきた。そのまま抜き上げると掛かっていたのは狙い通り縞模様の魚。

 

マハタモドキ
マハタモドキ

ヤミハタは釣ったことがあるがちょっと違う気がする。マハタは釣ったことが無いがこんなんだったっけ?とよく分からず。サイズはちょうど25cmほど、ヤミハタは食べてもそこまで美味しくなかった覚えがあり、もしマハタならまだまだ幼魚サイズ。

オオモンハタならキープサイズだけどコイツは今よりずっと大きくなるはずだと結局リリース。

帰ってからいろいろ調べるとどうやらマハタによく似た”マハタモドキ”のようだ。比較画像を見てもほとんど分からないほどマハタとマハタモドキは似ている。マハタは尾ビレ付近の縞模様が2本に分かれているのと、尾ビレ先端が白っぽいことから、マハタモドキと判断した。

結局この後は堤防先端まで釣り歩き、ワームをジャッカルのイカクローに付け替え小さなオオモンハタを釣ってリリースしたのみ。

ジャッカル「イカクロー」に食ってきた小さなオオモンハタ
ジャッカル「イカクロー」に食ってきた小さなオオモンハタ

小さなボディに似つわかしくない食欲でイカクローを頬張っているオオモンハタ。久しぶりに使ったイカクローだが根魚の反応はよさ気で、その後も辺りは続くが食い込むまでは至らない。

そのうち堤防周辺が下げ潮に乗ってゴミが集まりだすと、魚の活性が下がったのか反応がなくなり僕の活性も下がり家へと帰った。

初魚種はやっぱり嬉しい

ネットなどで色々な魚の情報は得ているが、やっぱり自分で釣った初めての魚種は嬉しいものだ。しかも今回はロックフィッシュの中でも大型化する種類のマハタモドキ。一節によるとマハタと混同されていた時期もあるほど両者はよく似ていて、マハタの老成魚”カンナギ”と呼ばれる魚の中にはこのマハタモドキの老成魚も混ざっているのではないかという話。両者とも歳を経るごとに縞模様が薄くなるため、本当に見分けがつかなくなるようだ。

マハタの味の良さは有名だけどこのマハタモドキも負けず劣らず美味い魚らしい。見た目も味もほとんど同じならもうマハタで良いんじゃね?という気がする分類的には別な魚となっているようだ。

今回はリリースしたが成魚、少なくとも40cmくらいになるまで誰にも釣られずに成長してくれると嬉しいのだけど。キープは無かったが嬉しい初魚種も釣れ、結果的に大満足の一日となった。

釣行データ

釣行日 2017年7月30日(日)
潮回り 小潮
場所 小さな突堤〜錦江湾不人気の堤防

タックル

ロッド ダイワ「HRF 810MHS」
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー 中通しオモリ6号、タングステンシンカー5g,7g
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1/0
ワーム ケイテック「スイングインパクト2」,エコギア「グラスミノーM」,ジャッカル「イカクロー」
ワームカラー アミスペシャル,シロギス,チョウケイムラクリアー

2017年7月30日(日)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
マハタモドキ 1匹。25cm
オオモンハタ 3匹。15〜20cm