釣行記7月25日:ベイトはどこへ?

朝マズメに釣れたアラカブ

ベイトが見当たらない。いるにはいるんだけど、塊となってグワ〜っと移動するような群れじゃなく、フィッシュイーターに見つからないようにこそ〜っとテトラ際を移動するような小さな集団ばかり。

ベイトがうじゃうじゃいる釣り場は知っているけど、いかんせん釣り人が多すぎて僕には無理だ。

この暑さじゃ遠出する気にもなれず、となると必然的にポイントは絞られる。テトラもしんどいわということでこの日は不人気の堤防。絶大なる不人気さを誇るこの堤防だが、ボラの群れに大人気で塊となったボラがグワ〜っとあっちへ行ったりこっちへ来たりしている。おまけに夜明け前なのもあってかあちこちでライズしている。ボラが。

表層はボラだけど中〜低層は根魚天国でしょ。と決めつけこの間から使い始めたケイテックのスイングインパクトを投げ込んでみる。

ロングキャストして着底を待つ。着底後タダ巻きで10回転〜着底を繰り返し、足元に沈むテトラの根元付近までリグが帰ってくる。

グッググッ!といつものアタリがやってくる。わずかに竿先を下げワームを喰いこませる。軽く竿先で合わせを入れると簡単に乗った。重量感はそれなりにあるがほとんど引かない。

魚の正体は分かっているが、テトラの隙間に入られると厄介なのでひたすらゴリ巻き。上がってきたのはやっぱりコイツ。

朝マズメに釣れたアラカブ
朝マズメに釣れたアラカブ

ほんとコイツだけは律儀に相手をしてくれる。どうもありがとう。

そこからは時合なのかパタパタとアラカブ連発。にしてもケイテックのスイングインパクトやっぱり良いかもしれない。グラスミノーに代わるポテンシャルは充分あるようだ。

ボトムで誘うとアラカブしか釣れないが、中層では何もアタってこないといういつものパターンに陥り、結果アラカブ6匹の釣果。ベイトを求めて彷徨うしかないのか・・・。

釣行データ

釣行日 2017年7月25日(火)
潮回り 中潮
場所 錦江湾不人気の堤防

タックル

ロッド ダイワ「HRF 810MHS」
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー 中通しオモリ6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1/0
ワーム ケイテック「スイングインパクト3」
ワームカラー メロンギル

2017年7月25日(火)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
アラカブ(カサゴ) 6匹。10〜15cm