釣り人の心のオアシス

釣り人の心のオアシス

この間のキジハタ以降渋い釣りが続く。たしかに海の状況は良くない。これだけ雨が降り続くなか濁りに濁った海で、魚の活性も相当低いのだろう。

それでも何かしら釣れるんじゃないかとあらぬ期待をかけて今日も海へと繰り出す。

錦江湾の某テトラで釣り開始

いつもの場所にやってきて海を見てう〜ん、と唸る。濃い乳白色の海。温泉ならばさぞかし効能がありそうな、お肌やアトピーに効きそうな潮の色。

濁った海の色
濁った海の色

ただ温泉と違うのはこちらの方はゴミが浮いていて見るからに汚い。

それでも竿を出せることに喜びを感じつつ、釣れないであろう海へとキャストを繰り返す。

投げる、投げる。

今日もアタリが遠い。

いつもはアラカブらしきアタリをわざとかわしたりするのだけど、この日はあからさまにアラカブ狙い。アラカブなら釣れてくれるだろうと、淡い期待を込めてアラカブの大好きな夜光カラーのワームを投げ入れる。

釣れない。

何投したかわからないくらい投げた頃ピクピクッっというアタリに満を持して合わせると上がってきたかわいいアラカブちゃん。

釣り人の心のオアシス
釣り人の心のオアシス

いらっしゃい、釣れてくれてありがとう。

と声をかけ海へと帰ってもらい、僕も家に帰った。

それにしてもアラカブ(カサゴ)は釣り人にとって心のオアシスのような存在だ。すべての釣り人はもっと敬意を持ってアラカブに接するべきだ。

ちっ、またアラカブかよ。

などと思ってはいけない。

もし僕がカラッカラに乾燥した砂漠で迷っている時に、ふいに眼前に一つの泉
が現れたら泣いて喜ぶだろう。

それがどんなに小さく喉を潤すほどの水を蓄えていなくとも。

釣行データ

釣行日 2016年6月30日(木)
潮回り 若潮
場所 錦江湾某テトラ

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ アリビオ
ライン Rapala(ラパラ)SUFIX832 ADVANCED SUPER LINE10lbロービズグリーン
リーダー ヤマトヨテグス(YAMATOYO) フロロ ショックリーダー14lb
リグ テキサスリグ(中通しオモリ6号)
ワーム グラスミノー
ワームカラー
ワームカラー チカチカ室蘭・シロギス(夜光)

2016年6月30日(木)の潮汐

釣果

魚種 数とサイズ
アラカブ(カサゴ) 1匹。手のひらサイズ