釣行記録5月7日:阿久根にアジを求めて

豆アジより小さなマイクロ鯵

GW最終日、どこに行っても人だらけだろうと思いながら家族サービスせねばと、人の多そうな鹿児島市内を避けて且つ釣れそうな阿久根まで行ってきた。

さて鹿児島市内から阿久根まで約2時間ほどかけ、途中24時間営業の巨大ホームセンターAZに寄り、釣具やサビキ用の餌を買ったりしながら目的地の小さな港に着いたのは午前9時頃。満潮は午前5時で、既に潮が引いて中途半端な潮模様。

普段は地元のおっちゃん、おばちゃんやヤンチャそうな若者がちらほらいるようなマイナーな港で、小さな堤防とわずかな護岸が釣り場となる場所だ。

前情報として阿久根に住む漁師の親戚に話を聞くと帰ってきた言葉が、「アジ?釣れるもんか。」

なるほどプロがいうにはアジはまだ早い。釣れるわけねえアホちゃうか。というもっともな意見。でもまあいないわけじゃないだろう。それに阿久根というインフレ要素を信じてとにかく釣り始める。


サビキ仕掛けは市販の6本針を適当に。撒き餌は手が汚れるのが嫌なのでマルキューの配合済みのものを2種類準備した。

ハイパワーアミエビ600gとサビキ君1kgというやつで、袋に入っていて端を切ってそのまま網カゴに直接絞り出して使えるという手軽なもの。使っていると絞りだすのに意外と力が必要だけど手もほとんど汚れず楽でいい。普段サビキ釣り自体しないため、オキアミと集魚剤を自分で混ぜて作る撒き餌とどっちが釣れるかはよく分からないけど、釣りに慣れていない人や女性・子どもが釣りを始めるにはちょうど良さそうだ。

でとにかく始めてみるとまあ釣れない。地元のおっちゃんたちは一人二人と帰っていく。こんな時間から釣りを始める僕達はかなり間抜けな素人に見えるだろう。だいたいそのとおりだけど。

釣れる気がしない時って釣りに集中することができず、あれこれ戦法を変えてみたり場所を変えてみたりと何をやってるのかわからない状態に陥るもの。それでもまあ唐突に訪れるかもしれない”その時”を信じて、投げては巻いて投げては巻いてを繰り返す。

んで用意した配合済みのアミエビもボチボチ無くなりかけてきた頃、ようやく釣れたアジがこちら。

豆アジより小さなマイクロ鯵
豆アジより小さなマイクロ鯵

豆アジがお父さんに見えるくらいのマイクロ鯵。全長6〜7cmしかない、どう見ても他の魚のフィッシュベイトになっているだろうサイズ。

ただシーズンはまだまだ先だし、久しぶりのサビキ釣りで顔を見せてくれただけでも嬉しくなるもんだ。

釣行データ

釣行日 2017年5月7日(日)
潮回り 中潮
場所 阿久根の小港

タックル

ロッド タカミヤのなんか安っすいやつ
リール 無名のなんか安っすいやつ
ライン 巻いてあったナイロンライン3号くらい
仕掛け 市販サビキ釣り仕掛け6本針
撒き餌 マルキュー(MARUKYU) ハイパワーアミエビ 600g
マルキュー(MARUKYU) サビキ君1kg

2017年5月7日(日)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
4匹。6〜7cm