潮干狩り記録4月30日:今年初ヒラメゲット

今年はなかなか気温が上がらず魚釣りに行く気にもなかなかならない。そんなわけで魚よりは貝掘りだろうということで、薩摩半島の吹上浜にある某海岸に行ってきた。

GW中はどこからこんなに人が集まったのかというほどの人数で海岸が埋め尽くされることを知っているので、ど真ん中を避けて30日の干潮に合わせて現地に到着。ところが長い海岸線を埋めつすくほどの人の群れが。軽く数百人〜下手したら1000人以上の大人から子どもまでが腰を下ろして必死に地面を掘り返している。

しまった、出遅れた。その人出を見た瞬間に貝が取れる気がしなくなったが、家族サービスもあり明日はまた仕事ってことでやむを得ず砂遊びを始めることに。

普段は遠浅で見渡す限りの海岸線が続く砂浜だけど、この日は掘り返されてデコボコした海岸が続くばかり。こりゃダメだと思いながらもとりあえず掘る。が当たり前だけど何も出ない。

早々に貝掘りを諦めた僕は、潮が引いて残った水でできた小さなプールでバカ貝残ってないかと水の底を掘ったりダラダラと遊んでいると、まだら模様の小さな葉っぱみたいなものが海底に沈んでいるのを見つけた。

おっ、ヒラメやんと分かったので持っていた貝を入れるためのネットでそっと捕まえるとあっさりと捕えることができた。

今年初ヒラメ

今年の釣りはまだ本格始動してないけど、釣るより前にヒラメをゲットしてしまった。可愛い獲物に満足して海岸を後にした。貝?一個も取れませんでした。