釣行記録11月30日:ハタ終わってなかった。そしてメジャクラのジグヘッドにハマりそう。

バルトCPリアルアジでオオモンハタ

前日アラカブ1匹しか釣れず鹿児島のハタもそろそろ終わりかと思ってたけど、そうでもなかったようだ。

この日は最近調子の悪い激流テトラを避けて不人気の堤防へと車を走らせる。釣り場につくとさすが不人気の堤防、誰もいない。

時間は昼の3時過ぎ。ここの先端は基本激流で釣りがし辛い場所だけど、この日は大潮だったにもかかわらず思ったよりも潮が動かず釣りが出来そうな感じ。

メジャークラフトのジグヘッド「ジグパラヘッド ブンタ」を初投入

テキサスリグでのスイミングもそれなりに釣れる感覚はあるけど、やはりそこはジグヘッドだろうと釣具屋で物色。ポイントで色々見ていると初めて目にするジグヘッドを発見。

メジャークラフトのジグヘッド「JIGPARA HEAD BUN太」
メジャークラフトのジグヘッド「JIGPARA HEAD BUN太」

このジグヘッドの特徴、とにかく安い。14gが5個入りでなんと400円切りという素晴らしいコスパのジグヘッド。ダート向きのジグヘッドらしく先端が三角に尖っていていかにも動きそう。

もう少し重いものがあればもっと良かったけど、ラインナップは14gまで。激流に負けないようにとりあえず14gを購入した。エコギアBALTを装着し力いっぱい投げると思ったよりしっかり飛ぶ。

普段の潮の速さからして、着水後ちゃんとボトムまで沈むか少し不安だったけど、ドリフトしながら14gのジグヘッドはなんとか着底。そこからとりあえずタダ巻きで10〜15回転→着底を繰り返し足元まで探る。

沖はそうでもないけど堤防から20m範囲内は崩れたテトラや、それに生えた藻のせいで根がかり多発地帯。着底後即座に巻き上げを始めないとあっというまに根がかりしてしまう。しかし、以外にもこのジグヘッドボトム単知能力が優れているようで、流れの中でも着底が感じられる。

そのおかげで苦手なジグヘッドでそれほど根がかりせずにテトラ際などをサーチ出来る。堤防先端から扇状に探ってもそれほど広範囲に投げれる訳じゃないので、ジグヘッドは足元付近のほぼ決まった位置に帰ってくる。アタリがでるのは圧倒的にその足元付近のテトラ斜面なので、際を舐めるようにゆっくりと巻き上げてくると数投目。

グンッ

と竿先を持っていくアタリ。合わせるまでもなく勝手にフッキングが決まりファイト開始。このポイントはテトラ際で掛けたらゴリ巻きするしか勝機はないので、竿でタメたりせずにひたすらリールを巻く。魚のサイズはそれほどでも無さそうで抵抗しながらも浮いてくる。

魚が水面下に見えても露出したテトラに回り込まれるとジ・エンドなので、とにかく巻く。案の定テトラの影に入った時にスタックしてしまう。もうすぐそこまで浮いてきているはずなので諦めずに、ラインを緩めたり張ったりしていると魚が再び動き出した。

その瞬間を逃さずオープンスペースへ誘導し勝負あった。簡単に抜き上げできたのが、

メジャークラフトのジグヘッドで釣れたオオモンハタ
メジャークラフトのジグヘッドで釣れたオオモンハタ

ヒットワームはエコギアの「バルト 3.5″」CPブルーイワシ。魚のサイズは予想通り大したこと無く22〜23cmほどだったのでリリース。

2匹目を狙って色んなコースに投げてみるが後が続かない。時刻は16時半を過ぎ、ぼちぼち日が傾き始める時間帯。水面下にはいつのまにかさっきまでいなかったベイトの群れ。

おっ?と思っているとベイトが時折不規則な動きをしている。どうやら何かに追われている様子。目を凝らしてみるとベイトの少し下辺りに数匹せわしなく動きまわる中型の魚。これはチャンスとこの日まだ通していないコースにジグヘッドを通してみる。と、

ググんっ!

と良いアタリが来て反射的に合わせると掛かった!掛かった場所は堤防から鋭角な方向に斜めに投げたので、正面まで魚を持ってこれるか不安。やはり魚が水面下を斜めに近づいてくる途中のテトラに引っかかった。慌てて引っかかったテトラの方に移動し、ラインを緩めると魚の開放に成功。

なんとか上がってきた魚はギリギリキープサイズのオオモンハタ。

バルトCPリアルアジでオオモンハタ
バルトCPリアルアジでオオモンハタ

何だか痩せているがサイズは26cmほど。大きくはないがおみやげにキープ。

ワームはブルーイワシからリアルアジに変えた直後。やっぱり巻いている最中に来るアタリは「おぉぅ!?」という感じで非常に楽しい。

その後すっかり薄暗くなりアタリも遠のいたところで、キジハタ来ないかとバグアンツのソフトシュリンプを投入。数投後、底をしつこく叩いていると根がかり。藻に絡まったような感触で引っ張ればググっ近づくが上がっては来ない。

残り時間もないしブレイクしてもいいかと強引にハンドルを回すと重い感触のまま巻けてくる。おやっ?とそのまま巻き続けると根がかりじゃなくコイツが食っていた。

まあまあサイズのアラカブ
まあまあサイズのアラカブ

このあたりではまあまあサイズの20cmちょい。こいつもキープし久しぶりにアラカブお持ち帰りで納竿。

メジャクラのジグヘッドが高コスパでリピート決定

今回初めて買ってみたメジャークラフトのジグヘッド「ブンタ」14g。1個あたり80円以下とジグヘッドとしては破格の値段にもかかわらず、動きもいいし釣果にも繋がってくれた。アシストフックやブレード装着用のアイも付いていて攻めのパターンも幅が広がりそうだ。ひとつだけ難点を上げれば針掛かりが少々悪いように感じた。2匹のオオモンハタをこのジグヘッドで釣ったけど、2匹とも堤防に抜きあげた直後フックが勝手に外れていた。もっとしっかりとした合わせを入れる必要があるかもしれない。

ただ、その点を差し引いてもこの値段で5個入りのジグヘッドは見たこと無い。というわけで今後ジグヘッドのレギュラー入りが早々と決定した。

釣行データ

釣行日 2016年11月30日(水)
潮回り 大潮
場所 不人気の堤防

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン デュエルPEライン「ハードコアX4」オレンジ200m巻き
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー 中通しオモリ5〜6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17#1
ジグヘッド メジャークラフト「ジグパラヘッド ブンタ」14g
ワーム バグアンツ4インチ

バルト3.5

ワームカラー ソフトシュリンプ

CPリアルアジ

CPブルーイワシ

2016年11月30日(水)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
オオモンハタ 2匹。22cm,26cm
アラカブ 1匹。20cm