釣行記録11月22日:釣れないと思っていたワームで釣れることもある。そして千載一遇のチャンスを逃す

バグアンツ「ソフトシュリンプ4インチ」で釣れたアラカブ

「あなたのワームあきらめないで」

そんな真矢みきの声が聞こえた気がして、封印していたバグアンツのソフトシュリンプを使うことにした。本当はパワーシャッドやバルトで反応が無さすぎて手詰まりで、仕方なくケースから取り出したんだけど。つまり不良在庫処理。

だいたい、こんなおかっぱりからバグアンツの4インチなんてでかいワームを食うような魚がそうそういるとも思えず、カラーはまだしもなんでこのサイズ?というくらいのデカさ。というかこれででかいキジハタ釣れるって言った奴だれだよ。出てこいよ。

これがそのソフトシュリンプ。もうパッケージからしてボリューミー。

エコギア「バグアンツ」ソフトシュリンプ
エコギア「バグアンツ」ソフトシュリンプ

そりゃまあデカイ奴が釣れるだろうよ。こんなでかいワームを食うくらいなんだから。釣れたらデカイだろうけどね。居ないわけ。そんなデカイの。

と思いながら、何やっても釣れない時に訪れる不良在庫の処理タイミングと割りきって、ワームケースからこのソフトシュリンプを取り出す。7個入りのパッケージで残り4つ。購入後3ヶ月経ったがたったの3つしか使っていない。その間の釣果は0だ。

投入後すぐに反応が

ソフトシュリンプを付け、とりあえずはフルキャストで沖から探ってくる。いつも通り沖では何も起こらず、手前20〜30mほどからが本番。ここは崩れたテトラが底に多数散らばっている上結構な量の藻が生えている。んで数投後、ファーストブレイク付近のボトムにワームが着底した瞬間。

カッカッ!

うぉっ!アタッた。反射的にグッと合わせるとフッキング。対して抵抗なく上がってきたのが、

バグアンツ「ソフトシュリンプ4インチ」で釣れたアラカブ
バグアンツ「ソフトシュリンプ4インチ」で釣れたアラカブ

魚と比べてもワームのデカさが目立つ。15cmほどのアラカブだけどこんなん口に入れてどうするつもりなのか。飲み込めるんだろうか。

千載一遇のチャンス到来

釣れないと思い込んでいたワームに思いがけず反応があったため、もしやと続けざまに投げ込む。

沖はやはり何も起こらずファーストブレイク何も起こらず、そして足元のテトラ積みの崩れたあたり。水中に沈んだテトラの斜面に引っ掛けるようにバグアンツを数秒ステイさせる。

ラインにかすかに違和感を感じたが確信は無く、合わせは入れずリグをリフトするような感じで竿を少し立てると、重みが伝わってくる。

食ってる!

慌ててゴリ巻きを開始すると、緩めのドラグがジャージャーと出て巻けない。さっき15cmのアラカブを釣った時はビクともしなかったのでユルユルということはない。

ヤバイ!とドラグを締め込みファイトを再開するが既に主導権を魚に握られており、ラインに嫌なテンションが伝わってくる。次の瞬間。

ブチッ!

ラインブレイク。思わずマジかよとうなだれる。途中で切れたリーダーは残った部分がザラザラになっていた。

逃した魚はデカかった、はず。

千載一遇のチャンスで獲れなかった悔しさと、フックとラインが口に残っているだろう魚への申し訳無さでしばし絶句。

逃した魚は恐らくキジハタ。これまで何回も同じパターンで釣っている。サイズはバカでかくは無いだろうけどどう考えても30cm後半以上か。

12lbのフロロリーダーでのラインブレイク。最近のロックフィッシュタックルのトレンドはもっと太いリーダーだと思うけど、12lbでも充分だろうというのが個人的意見。だけどこうして獲れない魚が出てくると考えざるをえない。ただ、今回は明らかにドラグの調整不足で魚に主導権を握られたのが敗因ではある。

今年も残り1ヶ月ほど。キジハタがあと何匹釣れるだろうか。もしかしたら逃した魚が今年最後のキジハタだったかもしれないと思うと・・・

釣行データ

釣行日 2016年11月22日(火)
潮回り 小潮
場所 不人気の堤防

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン デュエルPEライン「ハードコアX4」オレンジ200m巻き
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー 中通しオモリ5〜6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17#1/0ワイド
ワーム バグアンツ4インチ
ワームカラー ソフトシュリンプ

2016年11月22日(火)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
アラカブ 1匹。15cm