バルト3.5インチに合うオフセットフック

バルト3.5インチに2/0号のノーマルとワイドゲイプを重ねると

エコギアのバルト。

ジグヘッドの使用を念頭に置いたワームだと思うけど、僕は敢えてテキサスリグでバルトを使いたい。そんなわけでエコギア「バルト3.5インチ」にピッタリ合うオフセットフックのサイズはどれか?考えた。

リアルベイトで体高抜群のワーム

エコギアのバルト。非常に作りがよく、細部の造作や複数色で塗装がされリアルベイトに近づけようと工夫されている。

他のエコギア製ワームと比べても一線を画したバルトだが、最も特徴的なのがその体高だ。

デカイ。

「バルト 3.5"」CPリアルアジ拡大画像
「バルト 3.5″」CPリアルアジ拡大画像

普段使いなれている同社のグラスミノーやパワーシャッドと比べると、軽く2~3倍はありそうだ。こんなに体高のあるワームなど使ったことがなくどんなフックを付ければ合うのか分からず困った。

いつも使っているフックはキロフックの1号か1/0号だが明らかにサイズが合わなそう。で、手始めに買ったのが同じキロフックの2/0号。この時僕はまだバルトのデカさを舐めていた。

普段買わないデカイ2/0号をセットしたイメージがこちら。

BALTを2/0号にセットする場合のイメージ
BALTを2/0号にセットする場合のイメージ

ん〜。ミスマッチ。

ゲイプ(フックの懐部分?)がほとんどワームに埋もれてしまっている。魚の口に入った時に唇や上顎を貫通するためには多少の余裕が無いといけないが、このセッティングだとよほどワームがフックのクランク部(アイのすぐ側の直角部分)の方にズレてくれないと針掛かりは難しい。

それでもこんなのが釣れてくれはしたが。

ナイスファイトを見せてくれたオオモンハタ
キロフック2/0号でなんとかフックアップしてくれたオオモンハタ38cm

上の写真のワームを見てみるとうまい具合にワームがズレてなんとか上顎に刺さっていることが分かる。この時は魚の方からワームに突進してきてくれた勢いでたまたま貫通したようなもの。運が良かった。

こりゃイカンということでバルトに合うオフセットフックを模索。使用するオフセットフックはもちろんキロフック。今のところこれ以外のフックを使う理由も意味もない。

キロフックの2/0号ワイドゲイプがピッタリフィット

僕的には2/0号のワイドゲイプというサイズがバルトの3.5インチにはピッタリだと思った。

2/0号のノーマルとワイドゲイプをバルトに重ねて並べてみるとこんな感じ。

バルト3.5インチに2/0号のノーマルとワイドゲイプを重ねると
バルト3.5インチに2/0号のノーマルとワイドゲイプを重ねると

写真上が2/0ノーマル、写真下が2/0ワイドゲイプだ。

ワイドゲイプをセットした時はノーマル時より数ミリ(4〜5mm?)ほど懐部分に余裕が出来た。これならうまくワームがズレてフッキングしやすいかもしれない。

というわけで結論。バルトの3.5インチには(キロフックなら)2/0号以上のワイドゲイプを選択すべし!

カツイチ キロフック2/0号ワイド

ちなみに普通にジグヘッドをつけるとこんな感じ。

バルト3.5インチにタカミヤのジグヘッドを装着
バルト3.5インチにタカミヤのジグヘッドを装着

やっぱジグヘッドのほうがしっくり来る?いやそれでも僕はオフセットフックメインでバルトを使う予定だけどね。