釣行記録2016年10月17日:キジハタ・オオモンハタのW捕獲で大満足

夕マヅメに釣れたキジハタ35cm

錦江湾のハタ類が本格的なハイシーズンに入ったのかここ最近の釣果が好調だ。

数が出るわけじゃないけどキジハタもオオモンハタも、30cmオーバーのサイズがコンスタントに釣れるので非常に楽しい釣行が続いている。

この日も裏本命の対ヒラメ戦に備え、新しいワームを購入してウキウキで釣り場へと赴いた。

対ヒラメ用ニューワーム

この日初使用となるエコギアのパワーシャッド4インチ、カラーは駿河ホットピンクなるなんとも破廉恥なカラーをチョイス。

エコギア「パワーシャッド4インチ」駿河ホットピンク
エコギア「パワーシャッド4インチ」駿河ホットピンク

こんな色でほんとに釣れんのかいな?というほどの色味。しかしヒラメにはこんなとんでもない色が効きそうな気もする。だいたい魚の色覚なんて人間様にはうかがい知れない世界だし、もしかしたら魚にはとても素敵な色に見えるのかもしれない。

まずは激流テトラへ

この日の干潮は午後1時半。激流を避け潮止まり前後を狙う作戦。

まずは竿につけっぱなしのCPブルーイワシをキャスト。ここは水深もあり潮も早く底もそれなりにガチャガチャしているのでジグヘッドなどは怖くて使えない。まあいつものテキサスリグが根がかりを避けながらの釣りでは万能だし安定感がある。

が、この日はBALTへの反応が悪くアタリも皆無。フム、なるほど。と何かをひらめいたわけでもないがつぶやいてみる。

ここでおもむろにパワーシャッドの駿河ホットピンクを取り出し、リグにセットする。しかし見れば見るほど恥ずかしい色をしている。よく知らない人から見たら、何かいかがわしいもので魚を釣っているように見えなくもない。

まぁどんなワームでも釣れば官軍と、投げてみる。さすがパワーシャッド、気持よくぶっ飛んでいく。この遠投性能はグラスミノーの比ではない。ヘタしたらジグヘッド並、いやそれは言いすぎだがとにかく飛んでいく。

着水したらいつも通り底を取り、ハンドル10〜15回転くらいスイミングで誘う。まあ沖目でアタルことはほとんどないため、勝負はファーストブレイクから足元のテトラ際だ。

駿河ホットピンクで気持ちの良いアタリ

何投したか忘れたころテトラ際をだらだらと巻き上げてくると、不意にロッドにグンッと重みが乗り反射的に合わせると、見事にフッキング。と、直後にテトラにスタックして動かなくなる。

ロックフィッシュ相手にはよくあるパターンだが、よほど鋭角にラインがなってない限りはかなりの確率で魚を浮かせることができると思う。張らず緩めずとよく言うが、軽くテンションを保ったまま竿を煽らず、グィ〜っと持ち上げる感じで動き出す場合もあったり、最近はこのやりとりもなんだか楽しくなってきた。

で、上がってきたのがこの日のファーストフィッシュ、

パワーシャッドの駿河ホットピンクで釣れたオオモンハタ
パワーシャッドの駿河ホットピンクで釣れたオオモンハタ

ちょうど30cmくらい。駿河ホットピンク、いかがわしいだなんて言ってすまんかった。

後が続かずワームをミノーに変更

真っ昼間に駿河ホットピンクはさすがに魚にも恥ずかしいのかその後反応がなくなり、ワームをパワーシャッドからミノーL鮃グロウ(夜光)に変更。がっつりヒラメ狙いがバレバレだが、釣れれば良いのだ。

でミノーに食いついてきたのはヒラメじゃなくこのお方。

エコギア「ミノー」で釣れたオオモンハタ
エコギア「ミノー」で釣れたオオモンハタ

いや〜、メチャ楽しい。オオモンハタのようなパワフルな魚とのやりとりは心が躍るというか、根からなんとか引きずり出し水面に浮いてきた魚を目にした瞬間は何物にも代えがたい。

潮が早くなってきたので場所移動

夕マヅメが近づき、潮もだいぶ上がってくるとこのポイントはやはり激流なので、釣れる気もしないため作戦変更。逆に満潮時意外は釣りにくい不人気の堤防へと移動する。

既に薄暗くなり始めて残り時間はせいぜい1時間ほどか。ここは自己最大記録のキジハタを釣り上げた場所だ。あのときは朝マヅメで薄暗かったな。

このポイントの足元は崩れたテトラが海底に散らばっていて、そこら中に藻が生えているような印象。でその藻周りでキジハタの気配を感じる。

ここはオオモンハタよりキジハタだろう、と思っているので狙うはテトラ周りの藻周辺。テトラや藻にわざとリグを絡めワームをステイさせる。するとかすかにワームに反応を感じることがある。たいていキジハタがワームをくわえて動かず、じっとしていることパターン。

んっ?と思って聞き合わせすると竿に重みが乗ってうわ、食ってる!となることが多いが、割と針掛かりするので面白い。

まさにそんなパターンで食ってきたキジハタ。

夕マヅメに釣れたキジハタ35cm
夕マヅメに釣れたキジハタ35cm

買ったばかりの玉枠をここぞとばかりに使い、無事キャッチしたのがまあまあサイズの35cmキジハタ。

オオモンハタ2匹とキジハタ1匹で陸釣りの醍醐味を充分堪能し、スキップしながら家路についた。

オオモンハタ2匹とキジハタ1匹
オオモンハタ2匹とキジハタ1匹

お魚様の命は美味しく美味しく頂いた。ありがとう。

釣行データ

釣行日 2016年10月17日(月)
潮回り 大潮
場所 激流テトラ・不人気の堤防

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー 中通しオモリ5〜6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #2/0
ワーム エコギア「バルト 3.5″」・エコギア「パワーシャッド4″」・エコギア「ミノーL」
ワームカラー CPブルーイワシ・駿河ホットピンク・鮃グロウ(夜光)

2016年10月17日(月)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
キジハタ 1匹。35cmほど
オオモンハタ 2匹。30cm