釣行記録2016年10月11日:久々ミニヒラメとまあまあオオモンハタ

久しぶりのソゲ

この日は座布団ヒラメとハタの怪物をゲットするつもりでホームの激流テトラへと繰り出す。

結果を先に書くと座布団というかソゲにも満たぬ今年生まれたであろうミニヒラメ1枚と、こちらはサイズの上がってきた感のあるまあまあなオオモンハタ1匹。

激流テトラの攻略法へと近づく

ここのテトラは干潮満潮の潮止まり時以外は基本激流で非常に釣りがしづらい。根魚メインの釣りで底が取りづらいのはきつく、かといって30g以上の錘を使うのも僕の腕ではスローに誘うことができないので避けたい。

しかし最近感じていることだが、意外に潮が動いていない満潮干潮時でも魚が食ってくる、という気がしている。特に干潮の潮止まりから今から上げ始めますよ〜くらいの、かすかに潮が動いている時間帯にチャンスがあるのではないかと感じる。

要するに潮が早すぎる時間は釣りが成立していないってことでもあるけど、着底すらままならないストレスの貯まる釣りをするより、自分の狙い通りのポイントへ思ったとおりのアクションをつけながら魚を誘うほうがよほど楽しい。

なので最近このテトラに来るときはもっぱら潮止まりの時間を狙ってくる。

この日のファーストフィッシュは干潮からの上げ始め

前回自己最大サイズのオオモンハタを呼び寄せてくれたエコギアBALTの別カラーを調子に乗って購入。

エコギアの「バルト 3.5"」CPブルーイワシ
エコギアの「バルト 3.5″」CPブルーイワシ

座布団カモン!と念じながら潮の動き始めた沖目に投げる。ワームがデカイのでアタリはなかなか来ない。

ビッグベイト・ビッグフィッシュを信じて小魚のアタリは捨て座布団を待つ。

しかしアタリがこないのは退屈なもので、ランガンしているのかランランしているのか分からない状態になりつつ、投げるしかないので投げる。

何投したか忘れるくらい投げた頃、足元のテトラ斜面を舐めるように巻き上げてると勢い良く食いついてきた魚が久しぶりの、

久しぶりのソゲ
久しぶりのソゲ

ヒラメ。いや完全にソゲだけど、形はヒラメだし、久しぶりで何気に嬉しいし。

バルトの3.5を真後ろから丸呑みでよく口に入ったな、くらいのワームと同サイズの口にしっかりフッキング。魚って意外に器用だなと思いつつ、さすがにペラッペラなのでリリース。サイズは多分20cmちょい。

ファーストフィッシュがヒラメで、もしかしたらワンチャンある?と期待し投げ続ける。

ヒラメは来ないがまあまあサイズのオオモンハタ

当然のごとく座布団はおろかヒラメは掛からず、竿を曲げてくれたのはそこそこサイズのオオモンハタ。

サイズの上がってきたオオモンハタ
サイズの上がってきたオオモンハタ

こいつはテトラ際でワームが一瞬テトラに引っかかった瞬間、ガツンと金属的なアタリで食ってきた。その後のファイトはテトラに速攻張り付かれ、苦戦したけどリーダーざらざらになりながらようやく上がってきた。

やっぱりテトラ際での攻防はなかなかしびれる。

結局この日釣れた魚はソゲ1匹とオオモンハタ1匹のみ。ただ、狙い通り潮のゆるい時間帯で釣れてくれたので次回以降の釣行が楽しみだ。

釣行データ

釣行日 2016年10月11日(火)
潮回り 若潮
場所 激流テトラ

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー 中通しオモリ4号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #2/0
ワーム エコギア「バルト 3.5″」
ワームカラー CPリアルアジCPブルーイワシ

2016年10月11日(火)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
ヒラメ 1匹。20cmほど
オオモンハタ 1匹。35cm