釣行記録2016年10月6日:転戦の末オオモンハタ自己最高記録

ナイスファイトを見せてくれたオオモンハタ

巻き巻き(ぼ〜っ)→ドンッ!→ファッ!?→(ドラグ)ジヤー!→ファーッ!?→グンッグンッ→ぬおおおぉ(巻き巻き)!!

珍しくナイスファイト。手にしたのは今年待望のナイスサイズなオオモンハタ。しかも自己最高記録だ。

先月キジハタの自己最高記録を釣って以来、これといった獲物をゲットできずにうろうろとさまよう毎日。この日もそんな最近の釣りを象徴するかのように各地を点々と釣り歩く。

今年はオオモンハタのまともなサイズがまだ出ていないと何度も書いているけど、錦江湾ではこれからがシーズンなのか小型のオオモンハタの釣果が急に増えてきた。しかし釣りたいのは良型、釣ってはリリースのストレスがたまる展開はそろそろ勘弁と、グッドサイズに会うべく鹿児島市内を走り回る。

ポイント①不人気の堤防

まずやってきたのは不人気の堤防。先行者は餌釣りのおっちゃん一人。しかし海は一面大きな流木が浮かび釣りが不可能な状態。おっちゃんは仕掛けを投入するでもなく突っ立ているだけ。

こりゃ無理やん、と撤退し次のポイントへ向かう。

ポイント②ベイト天国

続いてやってきたのはベイト天国。相変わらずのベイトの量に期待感だけは膨らむけどやっぱり釣れない。いや釣れるんだけどミニオオモンハタとアラカブ、そしてエソ。こうなりゃエソでも食ったろかと一瞬考えるがまだ時間はある。

一通り探ったところで見切りをつけ更に移動。

ポイント③キス天国

最後にやってきたのはこの間餌釣りでキスが爆釣した通称キス天。鹿児島市内をだいぶ南下してきたのでここで粘ることに決め釣り開始。

ここは小さな港で小堤防と大堤防、その周辺のゴロタ混じりの海岸が釣り場となる場所。ただし投げて届く範囲はどこも水深浅めで大物の気配はあまり感じない。

まずはキスのたまり場となっていた少堤防外側に向けてキャスト。この間の釣行でヒラメの気配を感じていたので、密かに座布団を期待しつつ投げまくるがアタリ一つない。

足元のテトラ周りではたまに50cmほどのシーバス数匹見かけるが、ワームには興味がないらしく反応しない。こちら側は水深激浅なので早々に見切りをつけ大堤防外側のテトラに移動する。

先行者はおらず釣り場は独占状態。こりゃ釣りやすいと堤防中間あたりで、外側に向けてキャスト。3投ほどしたところで、二人の若いアングラーが堤防を歩いてくる。二人は堤防先端まで移動し釣り始めた。

あちゃー、先端取られたか。しょうがない。

恨めしい視線を向けながらキャストを繰り返す。この場所は水深は深くても4mくらいだろうか、結構な遠浅で堤防先端でも水深はそれほど変わらない。ただこの中間部あたりまで、海底に割と起伏のあるシモリが点在していて水深こそ浅いものの、ほぼ砂地となる堤防先端より逆に期待できそうな場所だ。

カラーローテーションを繰り返す

絶対的な信頼を寄せているグラスミノーMのシロギスを中心にグロウ(夜光)/ ウォーターメロンバック、パワーシャッドのスーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光)と、珍しくカラーやワームをローテーションしながら同じ場所で反応を探っていく。

根がかりに注意しながらシモリ周りに投げ込むと、グロウ(夜光)/ ウォーターメロンバックで久しぶりのアラカブ(カサゴ)ゲット。

続けて同じような場所でミニオオモンハタを追加。今日もやっぱりミニモンハタしか釣れんのか。

と、ここで秘策を投入する。

エコギアの「バルト 3.5″」CPリアルアジ

エコギアの「バルト 3.5"」CPリアルアジ
対ビッグオオモンと座布団ヒラメに購入

エコギアの「バルト 3.5″」CPリアルアジだ。初めて買うワームだがこれまで使ったどのワームよりデカイ。特に体高がグラスミノーの3倍以上ありそうなサイズ。

これを買った理由は、グラスミノーだと細すぎて、でかいオオモンハタにはアピール不足なんじゃないかってのと、ここ最近感じていることだけどヒラメに対してはワームのボリューム感、特に体高が高いほうが興味を示すんじゃなかろうかという推測から。

しかし、このワーム用に購入した2/0号のキロフックが完全に失敗だった。バルトがバルキーっていうの?ボリューミー過ぎてフックが刺しづらいのと、やっとセットしたフックがほとんど上部から飛び出しておらず、食ったとしても果たしてフッキングするんだろうか?ってレベル。

しかしうまい具合にセットできるジグヘッドも持ってないため、やむなく釣り再開。もうぼちぼち夕マズメだろうか太陽が徐々に下がってきている。

先程までさんざんグラミノやらパワーシャッドを投げ込んだコースに投げる。1投目反応無し。2投目、3投目と反応を得られずこれ釣れないんじゃねえの?とバルトに疑いの目を向ける。

遂にその時が

5投目くらいしたときだろうか、沖目からスイミングで全ての魚にスルーされ、足元のテトラ付近まで巻いてきてそろそろワームが見えてくるかなってタイミングで、冒頭の展開。

巻き巻き(ぼ〜っ)→ドンッ!→ファッ!?→(ドラグ)ジヤー!→ファーッ!?→グンッグンッ→ぬおおおぉ(巻き巻き)!!

ほんとにこのまんまで、リグの回収直前にテトラの手前でぼーっとしながら巻いていたら突然、ドンッ!というアタリとともにドラグが激しく出るほどの鋭い突っ込み。

慌ててリールを巻くと海中から勢い良く水面まで走ってくる良いサイズの魚。その瞬間魚の正体に気付く。

オオモンハタだ!

と、すぐ後ろに争うように同じサイズのオオモンハタが水面に向かって突進してくる。ついてきた1匹は事態を察したのか反転してすぐ海中に消えた。

おおおぉマジか!?驚きの展開に慌てふためきながらフッキングした1匹に集中し、なんとか浮かせようとハンドルを巻く。巻けるがオオモンハタがテトラに向かって突進する。

ヤバイ!と思う間もなくスタック。あちゃー、と思いつつラインテンションを張ったままテトラを水面近くまで降りる。魚はなんとひっくり返った状態でテトラとテトラの隙間に挟まっている。

ナニコレ、どんな状態?と思いながらリフトするが頑として動かない。もしかしてマジで挟まってんの?何とからなんかとラインを張ったり緩めたりしていると、緩めて数秒後に隙間から出て来た!その瞬間を逃さず水面に浮かせる。

最後はフィッシュグリップで直接ランディング成功。

ナイスファイトを見せてくれたオオモンハタ
ナイスファイトを見せてくれたオオモンハタ

死闘の末なんとかキャッチしたのは今年なかなかサイズの出なかったオオモンハタ。しかも計らずとも自己最高記録を確信するサイズ。同じサイズのもう1匹を狙って投げ続けたが、どこかに逃げたのかバルトに反応することはなかった。

しかし、初めてこのサイズのオオモンハタを釣ったけど突っ込みがキジハタより鋭くてスピード感がある。

待望のグッドサイズ、しかもデカイの釣るために初めて使ったワームで狙い通りの釣果。裏本命のヒラメは遂に現れなかったが、BALTを使っていけばそのうちキャッチできそうな気もしてきた。

オオモンハタ自己最高記録38cm
オオモンハタ自己最高記録38cm

すごくデカイとは言えないけど、自己最高記録の38cmで800gでなっとくの1尾で今の僕にとっては充分な魚。今年はこれからサイズが出そうな予感もするし今後に期待したい。

釣行データ

釣行日 2016年10月6日(木)
潮回り 中潮
場所 不人気の堤防②ベイト天国③キス天国

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ「セフィアBB C3000S」
ライン ユニチカ(UNITIKA) ライン シルバースレッド ショアゲームPE 200m 1.2号(16LB)
リーダー ダイヤフィッシング「ジョイナー・ボスメント」3号50m
シンカー 中通しオモリ4〜6号
フック カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 #1,#1/0,#2/0
ワーム エコギア「グラスミノーM」エコギア「パワーシャッド」エコギア「バルト3.5」
ワームカラー シロギス(夜光)・グロウ(夜光)/ ウォーターメロンバック・スーパーホログラム / ピンクグロウ(夜光)・CPリアルアジ

2016年10月6日(木)の潮汐

釣果

魚種 魚数とサイズ
オオモンハタ 4匹。15cm〜38cm
アラカブ 2匹。15cmほど
ワニエソ 2匹。20cm〜25cmほど