今年初キジハタ

キジハタ

今年初のキジハタをようやくキャッチしたよ。

平日休みで今日はのんびりランガンするかー、どうせ釣れないし。ってんでやってきた最近ホームとしている、錦江湾の某テトラ。

根魚に朝マズメなんて関係ねーと、午前10時くらいにポイント到着。離れたところに餌釣り師らしき人が1人いるのみで貸し切り状態。

潮位はド満潮で完全に潮止まり。まあ釣れないわなーと、馬鹿の一つ覚えのお手軽テキサスでグラスミノーを投げる➡やっぱり釣れず小移動の繰り返し。

潮目もボトムの地形もよく分からないけど打ってりゃいつかあたるでしょ、と投げたおす。

しかしこの日はどうしたことかアタリが少ない。いつもならテキサスリグでボトムを叩いているだけで、またお前かってくらい釣れるアラカブすらアタックしてこない。

ワームカラーはアラカブによく効く(と思っている)チカチカ室蘭とシロギス。釣りたいのはキジハタとオオモンハタなんだけど、アラカブで保険をかけながらのせこい釣り。

水は結構濁りがあるため夜光カラーが良さげのはずがとにかく渋い。それでもなんとかマイクロなアラカブのマイクロなアタリを逃さずキャッチしていく。
釣り上げた小さなアラカブを見てためいきにも似た息を吐くと、これまた小さな口から何か出ていることに気付く。

エビだ。

しかも口に入れたばかりなのか完全な形で残っている。結構な大きさだ。お前やっぱりエビ好きだな〜。とか言いながら、よし、ワームチェンジだな。
手にしたばかりのワーム(生のエビ)を慎重かつ無理やりオフセットフックに刺していく。これで今日の釣りに答えが出そうだ。

期待をこめた一投をフルキャストする。するとやはり、

答えは早かった

カッカッという鋭いアタリに渾身の合わせを入れる。乗った!根に潜られないようにとゴリ巻きで魚を浮かせる。水面に浮いてきた魚体を見ると赤い。アラカブだ。

これがマッチザ・ベイトか。狙い通りの結果に満足感を覚えつつ手のひらサイズのそれ(アラカブ)を海に返す。やはりこのワーム(生エビ)は釣れる。問題は極端に針持ちが悪いことだが、まだいけそうだ。

2投目さっきと同じ場所にフルキャストする。とさっきより大きなアタリに反射的に合わせる。
粘り強い泳ぎは明らかにアラカブのそれではない。

近づいてくる魚体はオレンジだ。キジハタか?

軽く30オーバーはある。なかなかの重量感だがエイヤと抜きあげる。果たして正体はベラだった。しかも結構デカイ。

今年初のキジハタかとぬか喜びした悔しさをごまかすように、
「良いバイト出たね。ガッツリ。ワーム(生エビ)丸飲みだね」
と、最近釣り動画で覚えたセリフを小声でつぶやく。

ふと、人の気配を感じて振り返ると、後ろの堤防に散歩中のじいさんが満面の笑みで立っていた。

「太かなー(大きいねー)」

その声に僕も満面の笑みで

「まぁ、ベラですけどね」

と返し、早くあっち行かねーかなーとか思ってると、じいさんはすぐに歩きだした。後ろ姿を見送りながらそのでかいベラを無表情で海へと送り返す。

フックに目をやるとエビが消えていた。やはり針持ち悪いな。せっかく手に入れた鉄板ワーム(エビ)をわずか2投でロストし、今日もお持ち帰りなしか、と時間を見ると17時が回っている。いつの間にか干潮も過ぎて潮も上げ始めていた。

帰る方向に歩きながら気になった場所を探っていく。沖目に投げアラカブはもういらねと、底から少し上をスイミングで狙う。手前のブレイク付近まで何事もなく通過。一旦着底させると瞬時にアタリが来る。アラカブのアタリだ。

アラカブいらねとスルーし、再びスイミング。そしてブレイクに差し掛かったころだろうか。突然ひったくるようなアタリ。ボトム以外でアタッたのはいつが最後だったか、なんて思う間もなく合わせを入れると同時に魚が走りだした。

この泳ぎはアラカブのそれじゃない(2回目)。

この最後まで諦めずに底へ底へと潜ろうとするトルクフルな泳ぎには覚えがある。オオモンハタだ。

足元まで必死の抵抗を見せる魚がようやく水面に姿を現した。オレンジ色だ。あれ?

やった!キジハタだよ!間違いないよ!おい、じいさん見てるか?凄いの釣ったぞ。

後ろを振り返るもそばには誰もいない。ギャラリー無しだがしょうがない。
ファイトはまだ終わってない。

水面に浮いてはきたが口元を見ると針掛かりが悪そうだ。こいつは絶対バラしたくないと、テンションを保ったままテトラを水面近くまで降りてハンドランディング。

死にものぐるいでようやくキャッチしたのは今年初のキジハタ。まぎれもなくキジハタだ。いやここはベテランっぽくアコウと呼ぶべきか。

今年初のキジハタ。ヒットワームは「グラスミノー(シロギス)」
今年初のキジハタヒットワームは「グラスミノー(シロギス)」

興奮を抑えつつ手にしたキジハタを眺める。30センチは超えてそうだ。腹もなかなか太い。

それにしても綺麗な魚だ。太い横縞にオレンジの斑点。ヌメリが強いボディが艶めかしく光る。宝石のような瞳には僕が見えているのだろうか?

キジハタを最後に釣ったのはいつだったか?そうだ、去年の10月だ。約8ヶ月ぶりに拝んだキジハタは思わず手を合わせたくなるほど神々しかった。

釣行データ

釣行日 2016年6月9日(木)
潮回り 中潮
場所 錦江湾某テトラ

タックル

ロッド シマノ ルアーマチック
リール シマノ アリビオ
ライン Rapala(ラパラ)SUFIX832 ADVANCED SUPER LINE10lbロービズグリーン
リーダー ヤマトヨテグス(YAMATOYO) フロロ ショックリーダー14lb
リグ テキサスリグ(中通しオモリ3号+4号)
ワーム グラスミノー
ワームカラー チカチカ室蘭・シロギス(夜光)・カタクチ

2016年6月9日(木)の潮汐

釣果

魚種 数とサイズ
アラカブ(カサゴ) 5〜10匹。手のひらサイズ
ベラ 1匹。35くらい?
キジハタ(アコウ) 1匹。31cm